1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【VBA入門】Findで完全一致検索を行う方法

【VBA入門】
Pocket

Findで完全一致検索を行う方法についてご説明します。
完全一致検索とは、検索語と一字一句同じ内容のセルのみ対象とする検索を意味します。
ちなみに検索語が含まれていれば検索対象とする検索は部分一致と言います。
それでは、完全一致と部分一致の違いに注意してコードを記述するようにしていきましょう。

引数LookAtで完全一致・部分一致を設定

Findの引数LookAtに定数xlWholeを指定することにより、完全一致検索を行うことができます。
例では検索語の『東京』が含まれるセルを飛ばして、完全一致しているA4セルを選択しています。

<コード>
Cells.Find(What:=”東京”, LookAt:=xlWhole).Select

<実行例>

完全一致検索の注意点

完全一致検索では目的の語と完全に一致した語を調べることができ大変便利ですが、
シート内で下記の様な表記のゆれが見られる場合は、同じ内容を意味しているセルが
検索にヒットしていないことを見落としがちなので注意が必要です。

〇全角・半角等の表記のゆれ
ABC株式会社
ABC株式会社
ABCカブシキガイシャ
ABCカブシキガイシャ

また、セル内に半角・全角等のスペースが含まれる場合も注意が必要です。
スペースは目に見えないため一見しただけでは違いは分かりません。

〇半角・全角スペースの含まれるセル

このように完全一致で思うように検索結果が出ていない恐れがある場合には、
念のため部分一致検索も併用して確認を行うとよいでしょう。
<コード>
Cells.Find(What:=”東京”, LookAt:=xlPart).Select

<実行例>

まとめ

Findの引数LookAtに定数xlWholeを設定することにより、完全一致検索を行うことができます。
完全一致検索は類似したセルの検索を除外することができ、大変便利である一方で
予測していない表記のゆれなどがある場合には検索に漏れが発生するおそれもあります。
それぞれの検索方法の特徴を掴んでイメージ通りの検索を行うようにしましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る