1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

【VBA入門】
Pocket

If文で条件分岐を行う方法についてご説明します。Ifを使用するとコードの流れを変更することが可能になるのでより柔軟な状況に対応できるプログラムを作成することができます。

<構文>

If文で条件付けを行う

<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

Elseで条件に満たなかった場合の処理を実施

If文に続けてElseを記述することにより、条件式に適合しなかった場合の処理を行うことができます。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

また、Else文の後にIfで条件を記述することもできます。

<コード>

If文を入れ子にする

If文の中にIf文を記述することもできます。この場合入れ子になったIf文中のコードは外側のIf文の条件も満たしている場合に実行されます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法
なお、If文を多重にするとコードが見づらくなるのでTabキーなどで適宜字下げを行うと良いでしょう。

条件式の論理演算子

If文に2つ以上の条件を設定する方法についてご説明します。
複数の条件を設定することができればデータの抽出・加工をする際に非常に便利です。
それでは詳しい方法について確認していきましょう。

AND(論理積)による条件の結合

2つの条件の間をANDでつなげることにより、両方の条件を満たしている場合にコードが実行されます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

OR(論理和) による条件の結合

2つの条件の間をORでつなぐことにより、どちらかの条件を満たしている場合にコードが実行されます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

NOT(論理否定)による条件設定

条件の左にNOTを指定すると、条件を満たしていない場合にコードが実行されます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

複数の論理演算子による複合的な条件の結合

論理演算子を複数組み合わせて複雑な条件式を作成することも可能です。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】If文で条件分岐を行う方法

まとめ

If文を使用すると複雑な条件に対応したコードを記述できるようになります。また意図しない動作を行わないために条件設定に漏れが無いか事前に検討しておくことも非常に大切です。
AND・OR・NOTの3つの論理演算子により様々な条件を設定することができますが、コードが読みづらいとメンテナンスが困難になりミスを誘発する原因にもなります。必要な箇所はコメントを記述し、意図が分かりやすいコードとなるよう心掛けましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る