1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】For〜Next文で繰り返し処理を行う方法

【VBA入門】
Pocket

For~NextはVBAで繰り返し(ループ)処理を行うための代表的な構文です。それでは具体的な書き方についてご説明します。

For~Next処理

<構文>

<コード:A1~A10までのセルに1~10の数値を入力する>

<実行例>
【VBA入門】For〜Next文で繰り返し処理を行う方法

例では、カウンタ変数としてiを設定しています。カウンタ変数iの初期値は1で、For~Nextまでが処理される毎に1ずつ増加していき、最大値の10になると繰り返しを終了します。

カウンタ変数の増加分を設定する

通常カウンタ変数は1ずつ増加していくのですが、For分の末尾にStepを設定することで、カウンタ変数に加算される値を変更することができます。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】For〜Next文で繰り返し処理を行う方法

なお、Stepの後にマイナスの値を設定することもできます。この場合はマイナスの分だけカウンタ変数が減少していくので、Toに最小値を設定することになります。

For~Nextを入れ子にする

For~Nextの中にFor~Nextを入れてループを多重にさせることも可能です。(入れ子構造:ネストとも呼びます。)それではシートの列数をx、行数をyとして九九の表を作ってみましょう。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】For〜Next文で繰り返し処理を行う方法

ちなみにNextの後のカウンタ変数の記述は省略することもできますが、上記のように複雑なコードになると、ループの終了が分かりにくくなり間違いを引き起こす原因にもなります。Nextの後のカウンタ変数はできるだけ明記しておくようにしましょう。

まとめ

For~Next文を使用するとコードがシンプルになり、手作業でコードを打ち込む際の作業ミスが減少します。また、コード全体の可読性が上がるのでメンテナンスの効率もアップします。ループ処理を取り入れてよりすっきりとしたコードを記述するようにしましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る