1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【VBA入門】findで複数の条件を検索する方法

【VBA入門】
Pocket

Findで複数の条件で検索する方法についてご説明します。
基本的に、Findでは検索語を1つしか指定することはできないので
複数の条件を付与したい場合はコードを工夫する必要があります。
それでは、具体的な方法について確認していきましょう。

OR検索

複数の検索条件のうちいずれかが含まれているセルを検索するOR検索を行うコードの例です。
一つ目の検索ワードがヒットしなかった場合は続けて二つ目の検索ワードで検索を行っています。

<コード>

<実行例>

AND検索

複数の検索条件が全て含まれているセルを検索するAND検索の例です。
一つ目の検索条件にヒットした場合はInStrで二つ目の検索ワードが含まれているかチェックし、
FindNextで二つの検索条件に合致するセルが見つかるまで検索を続行しています。

<コード>

<実行例>

まとめ

Findでは単一のワードしか検索できないという制約があるため、
複数の条件を指定したい場合は様々なコードを組み合わせて目的の処理を実現します。
今回ご紹介した例以外にも色々な方法がありますので、検索したいシートの構成によって
最適なコードに書き換えてみてください。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る