1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】セルの指定方法

【VBA入門】
Pocket

セルの指定方法について解説します。VBAでは作業対象となるセルを指定して処理内容を記述するという書き方が非常に多いので、ここで設定ミスをしてしまわないようしっかりと理解を深めましょう。

Cellsプロパティによる指定

Cells()のカッコ内に対象となるセルの行数および列数をカンマ区切りで指定します。このときCells(行数, 列数)というように縦方向の番号を最初に入力することがポイントです。
例では分かりやすいように指定したセルの色付けを行っています。(.Interior.ColorIndex = 6 ⇒ セルの色を黄色にする)

<コード>

<実行例>
【VBA入門】セルの指定方法

Rangeプロパティによる指定

Range()のカッコ内に対象となるセルを≪列数を示すアルファベット+行数を示す数字≫で指定します。
また、Rangeは複数のセルの範囲について先頭のセルと終端のセルを:で区切ることにより指定することができます。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】セルの指定方法

行・列全体の指定

Rowsプロパティで行全体を、Columnプロパティで列全体を指定することができます。
なお、複数の行や列を指定したい場合は先頭の値と終端の値を:で区切ります。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】セルの指定方法

Offsetによる指定

作業しているセルの1つ隣を指定したいというような場合はOffsetを使います。Offset()のカッコ内に元の位置から移動する分の行数および列数をカンマ区切りで指定します。このとき右や下方向へ移動する場合は正の整数値を、左や上方向へ移動する場合は負の整数値を指定します。

<コード:C3セルを起点にOffsetによる指定>

<実行例>
【VBA入門】セルの指定方法

まとめ

VBAではセルを指定する方法は様々な種類があります。この設定方法によって後のコードの書き方も変わってくるのでシチュエーションによって、最も効率的なやり方で指定できるようにしていきたいですね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る