1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【VBA入門】セルを結合する方法

【VBA入門】
Pocket

VBAでセルを結合する方法についてご説明します。シートの体裁を整えるのに大変便利なセルの結合機能ですが、VBAではどのように扱えば良いのでしょうか。以下、具体的な手順について解説します。

セルの結合

セルを結合するときは対象となるセルをRangeで指定してからMergeを実行します。

<結合前>

【VBA入門】セルを結合する方法
<コード>

<結合後>
【VBA入門】セルを結合する方法

セルを結合することでタイトル「年間集計」を見やすくしました。

セルの結合解除

結合を解除する場合はUnMergeを実行します。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

タイトル「年間集計」が結合前の状態に戻ります。(セルの色は変更されない)

セルが結合されているかどうか確認

シート内のどのセルが結合されているか分からない場合、セルのコピーや集計がうまくいかず、思い通りの結果が得られないということがあります。
そんな時は事前にVBAでどのセルが結合されているかチェックしておくと安心ですね。

任意のセルが結合されているかどうかを確認

MergeCellsは指定したセルが結合されているとtrueを返します。これを利用してif文と組み合わせると任意のセルの結合チェックができます。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

A列が結合されているかどうかをMergeCellsでD列に一覧表示します。

結合セルに含まれているセルの範囲情報を取得

MergeAreaは指定したセルが含まれているセルの範囲情報(Rangeオブジェクト)を返します。このRangeオブジェクトから先ほどの表を使って、どの範囲のセルが結合されているか確認してみましょう。
ちなみに、MergeAreaは結合されていないセルを指定してもエラーにはなりません。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

まとめ

VBAでセルを結合(解除)するにあたり、事前に対象となるセルが結合されているのかどうかステータスを確認しておきましょう。時に扱いづらいセルの結合ですが、手順を踏んで処理すれば安心ですね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る