1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】セルを結合する方法

【VBA入門】
Pocket

VBAでセルを結合する方法についてご説明します。シートの体裁を整えるのに大変便利なセルの結合機能ですが、VBAではどのように扱えば良いのでしょうか。以下、具体的な手順について解説します。

セルの結合

セルを結合するときは対象となるセルをRangeで指定してからMergeを実行します。

<結合前>

【VBA入門】セルを結合する方法
<コード>

<結合後>
【VBA入門】セルを結合する方法

セルを結合することでタイトル「年間集計」を見やすくしました。

セルの結合解除

結合を解除する場合はUnMergeを実行します。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

タイトル「年間集計」が結合前の状態に戻ります。(セルの色は変更されない)

セルが結合されているかどうか確認

シート内のどのセルが結合されているか分からない場合、セルのコピーや集計がうまくいかず、思い通りの結果が得られないということがあります。
そんな時は事前にVBAでどのセルが結合されているかチェックしておくと安心ですね。

任意のセルが結合されているかどうかを確認

MergeCellsは指定したセルが結合されているとtrueを返します。これを利用してif文と組み合わせると任意のセルの結合チェックができます。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

A列が結合されているかどうかをMergeCellsでD列に一覧表示します。

結合セルに含まれているセルの範囲情報を取得

MergeAreaは指定したセルが含まれているセルの範囲情報(Rangeオブジェクト)を返します。このRangeオブジェクトから先ほどの表を使って、どの範囲のセルが結合されているか確認してみましょう。
ちなみに、MergeAreaは結合されていないセルを指定してもエラーにはなりません。

<コード>

<実行後>
【VBA入門】セルを結合する方法

まとめ

VBAでセルを結合(解除)するにあたり、事前に対象となるセルが結合されているのかどうかステータスを確認しておきましょう。時に扱いづらいセルの結合ですが、手順を踏んで処理すれば安心ですね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る