1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】配列の要素数を扱う方法

【VBA入門】
Pocket

VBAの配列の要素数を扱う方法についてご説明します。
配列は複数の値を扱うことができ、それぞれの値は配列の要素として扱われます。
そして配列をコード内で効率的に操作するために要素数について理解を深めることは非常に重要です。
以下、詳しく解説致します。

配列と要素数を定義

構文

配列の定義の仕方は通常の変数と非常によく似ていますが、()内に要素数を定義することができます。
なお要素数は0から始まり、指定した数までのの連番が振られている点に注意しましょう。

<コード①>

<実行例>

要素数の最大値・最小値

配列の要素数の最大値はUbound(配列名)で、最小値はLbound(配列名)で求めることができます。

<実行例>

これらの関数はループ処理で配列を一気に処理する場合に役立ちます。
ループ処理の先頭に要素数を直接入力してももちろんコードは正しく動作しますが、
要素数が変更された場合ループ処理の部分まで修正を行う必要があります。
しかし、関数で要素の最大値・最小値を取得することによりコードに変更が発生した場合の
修正箇所を少なくすることができるというメリットがあります。

<コード④:要素数を直接入力してループ処理を行った場合>

<コード⑤:コード④の要素数を変更した場合>

<コード⑥:要素の最大値・最小値を関数で取得してループ処理を行った場合>

要素数を1から開始する方法

デフォルトの設定では配列の要素数は0から始まりますが、データの内容によっては
1から要素数を開始した方が都合が良い場合もあります。
そういう場合はモジュールの先頭にOption Base 1と指定することで
要素数を1からスタートすることができます。

<コード>

<実行例>

ちなみに、配列のスタート値として設定できる値は0または1のみです。

まとめ

配列は複数のデータをまとめて処理することができます。
その際、要素数を適切に設定・取得することが配列を効果的に操作する上でのポイントとなります。
配列を使用すると大量のデータを短時間で処理することが可能となるので
ぜひ取り入れてみてください。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る