1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法

【MySQL入門】
Pocket

コマンドラインで削除する場合

MySQLサーバーに接続したあと、以下のコマンドを実行します。
drop user ユーザー名@ホスト名;
例えばnewuserユーザーを削除する場合、次のように入力します。

【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法
@ホスト名を省略しているので、newuser@%が削除され、mysql.user テーブルから newuser がなくなっていることが分かります。

newuser@localhost (サーバーと同じコンピュータから接続するnewuser)を削除するには

と記述します。

なお削除されたことを確認するためにmysql.userテーブルをselect文で表示していますが、mysqlデータベースのuserテーブルに対し、deleteコマンドでユーザーを削除する方法はトラブルの元になります。

mysql.user以外にもユーザーの情報を格納しているテーブルがあり、dropコマンドはそれらのユーザー情報もまとめて削除するコマンドだからです。もしmysql.userテーブルからdeleteコマンドでユーザー名を削除した場合は、mysqlデータベースの他のテーブルにユーザー情報が残り、システム上はユーザーが存在し続けることになってしまいます。

GUIで削除する場合

MySQL Workbenchでユーザーを削除する場合は、データベースに接続後、左側のナビゲータメニューにある「Users and Privileges」をクリックします。
【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法

削除したいユーザーをクリックし、下部にある「Delete」ボタンをクリックします。
【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法

すると確認ダイアログが表示されるので、「Delete」ボタンをクリックします。
【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法

ユーザー一覧から該当ユーザーが消えていることがわかります。
【MySQL入門】登録されているユーザーを削除する方法

以上がMySQLに登録されているユーザーを削除する方法です。

※画面はMySQL5.7.13、MySQL Workbench6.3のものです。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る