1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Ruby入門】文字列を比較する方法

【Ruby入門】
Pocket

今回はRubyで、文字列を比較する方法について解説します。

文字列を比較する

Rubyでは、2つの文字列の比較をする時に、「==演算子」と「!=演算子」を用います。

==演算子の場合は、比較しあった文字列が同じであるならば「True」を返り値として返し、そうではなかった場合は「False」を返り値として返します。
例えば、「string == string」ならば「True」であり、「string == other-string」ならば「False」という結果となります。

また、!=演算子を用いると==演算子とは反対の結果が返り値として返ってきます。
例えば、「string== string」ならば「False」であり、「string == other-string」ならば「True」という反対の結果となります。

文字列の大小を比較する

文字列の大小を比較する場合は、「<」、「<=」、「>」、「>=」演算子を用います。大小の比較とは、辞書的な順序を調べるということです。

また、「<」と「<=」、「>」と「>=」の違いですが、<=ならば、0 < 1という意味と0 = 0という意味の2つが組み合わさった演算子記号となります。 つまり、大小を比較する事と等しいかどうかを比較する事を同時に行えるということです。 例えば、

とした時、「word1 > word2」ならば「True」であり、「word1 < word2」ならば「False」という結果になります。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る