1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Ruby入門】日付と時刻を取得する方法(Dateクラス)

【Ruby入門】
Pocket

Rubyで時刻や日付を取得したい場合、DateクラスやDateTimeクラスを使用します。

日付を取得する

日付を取得する場合は、Dateクラスを使用します。
例えば、今日の日付を取得して表示させるプログラムは以下のようになります。

出力すると、以下のように表示されました。(2016年9月12日時点)

2016-09-12

このように、プログラムが実行された時点での日付を簡単に表示させることができます。

ちなみに、3行目の変数のうしろにメソッドを付けることによって、表示させたい情報のみを抜き出して取り出すこともできます。

  • year : 年のみを取り出す
  • month : 月のみを取り出す
  • day : 日のみを取り出す

例えば、現在は何月なのかを表示するプログラムは以下のようになります。

このプログラムを実行すると、以下のように表示されます。

現在は9月です。

もちろん同じようにして、日付のみ表示させたり年のみ表示させたりすることもできます。

時刻を取得する

Dateクラスは日付のみを取得できましたが、時刻も扱いたい場合にはDateTimeクラスを使用します。DateTimeクラスでは日付と時刻を両方扱えます。

現在の時刻を表示させるプログラムは以下のようになります。日付を表示するのとほとんど同じです。

このプログラムを実行すると以下のように表示されます。(2016年9月15日 20時41分時点)

2016-09-15T20:41:22+9:00

馴染みのない表記ですが、これは世界スタンダードの時刻表記です。よく見ると、その日の日付と今の時刻がTで区切って表示されています。

さらにこれも、Dateクラスと同じように任意の情報だけを抜き出すことができます。
DateTimeクラスでも、Dateクラスで使用できるメソッドの時に使用できる3つに加えて、以下の時間に関わるメソッドが使用できます。

  • hour : 時を表示する
  • minute : 分を表示する
  • second : 秒を表示する

これを使用して、現在の時・分・秒を表示するプログラムを書いてみます。

このプログラムを実行すると、以下のように表示されます。

現在の時刻は20時50分25秒です。



このように、プログラムを実行した時点の現在時刻が表示されます。日付だけ使いたいとき、時刻も一緒に扱いたいときなど、場面に応じて二つのクラスを使い分けるとよいでしょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る