1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【Python入門】while文(繰り返し処理)の使い方

【Python入門】
Pocket

Pythonに限らず、プログラミングの基本は「条件分岐」と「ループ処理」です。Pythonでの条件分岐にはif文、ループ処理には「for文」「while文」の2つの種類があります。今回はwhile文についてご紹介します。

while文は主に、「無限ループ」や「ある条件の間繰り返す」といった処理によく使われます。

while文の書き方

という書き方をします。

「条件式」の部分には名前のとおり、条件を書きます。その条件式がTrueとして評価されている間、延々と「繰り返したい処理」を行います。

例えば、以下のような場合ですが

この場合は、処理Aが繰り返され、条件式がFalseになったら繰り返しが終わり、処理Bへと移ります。
繰り返しが行われるのは、あくまでwhileのブロックです。

while文を使ってみる

1から5までを表示するwhileループを作ってみましょう。

<実行結果>

1
2
3
4
5
終了

処理の流れは以下のようになります。

  • 1行目 index = 1 で、変数indexに1を代入する
  • 2行目 while index <= 5:は、indexが5以下(5のときも含む)の間はwhileブロックを実行する、という意味です。
    現在のindexは1なので、5以下です。3行目へ移ります。
  • 3行目 print(index) indexを表示します。現在はindexに1が入っているため、1が表示されます。
  • 4行目 index変数に、1を足します。この時点で、index変数の値が2になります。
  • 2行目へ まだindex変数は2です。5以下なので、また3行目へ
  • この後、index += 1で6になるまで同様の続きます。
  • 2行目 indexが6で、5以下ではありません。なので、3行目には行かず5行目へ飛びます。

breakを使ってみる

whileループでは、break文を使うことでループから抜けることができます。
先ほどの例を改造し、以下のようにしてみます。

4行目のindex += 1までは同じなのですが、5行目のbreak のところまでいくと、すぐさまループを抜け、6行目に移ります。
そのため、結果は以下のようになります。

<実行結果>

1
終了

今までは

という書き方をしていますが、このbreakを使うことで

という書き方ができるようになります。
while Trueで無限ループをしつつ、中のif文でbreakし、ループを抜けるという方法です。この方法もよく使われるので、ぜひ覚えておきましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る