1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Python入門】ライブラリmatplotlibの基本的な使い方

Pocket

Pythonではnumpyやscipyといったライブラリを使うことで科学計算を簡単に行うことができますが、そういった計算結果をグラフなどで図表できると分かりやすいですよね。そんな時に便利なのがmatplotlibというライブラリです。matplotlibを使えばPythonでデータをグラフにプロットできるようになります。numpyscipyと組み合わせることで、Pythonだけでデータの読み込み・加工・計算、そしてプロットが行えます。

今回はmatplotlibの基本的な使い方について説明します。

matplotlibのインストール

numpy・scipyのインストール

matplotlibはnumpyおよびscipyと組み合わせることが多いです。絶対ではありませんが、もし必要な場合は先にnumpyおよびscipyをインストールしておきましょう。

matplotlibをインストール

matplotlibをインストールします。matplotlibはpipコマンドでインストールすることができます。

もしくはmatplotlibのページからファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをpipコマンドでインストールしてください。

http://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/

pipコマンド

matplotlibにもnumpyやscipyと同じくいくつかのバージョンがあるので、自分のpythonやOSにあったバージョンをダウンロードしてください。
例えば「matplotlib-2.0.0-cp36-cp36m-win_amd64.whl」というファイルはpython3.6、64ビットのWindows向けとなっています。

matplotlibを使う

グラフを描画する

matplotlibのインストールが終わったら、さっそくグラフを表示してみます。グラフの表示にはmatplotlib.pyplotモジュールのplot()およびshow()を使用します。

plot()の引数にはシーケンス(numpy配列やリスト)を渡します。最初の引数がx軸、2つ目の引数がy軸を表します。plot()でデータをプロットし、show()で実際に画面に表示します。

実行結果

この例では三角関数のsinをnumpyで計算し、その結果をmatplotlibで表示しています。数字で見るよりも視覚的で理解しやすいです。

グラフの設定

plot()およびshow()でグラフの表示ができましたが、このグラフには情報がほとんどありません。今回の例はsinの有名なグラフなので分かる人はすぐ分かりますが、通常はタイトルや軸名、凡例などを設定してそのグラフが何を表しているかを示す必要があります。

matplotlibならグラフの設定も簡単に行えます。

~ここまでは上記の例と同じなので省略~

実行結果

この例ではさきほどのsinのグラフにタイトル、軸名、凡例をつけました。凡例をつける際にはplot()のlabelキーワードで凡例名をつけるのを忘れないようにしましょう。グラフの設定はこのほかにも線の色や線種の変更など、さまざまなことができます。

複数のグラフを表示

さきほどの例ではsinのグラフだけを表示していましたが、plot()でデータを追加することで複数のデータを表示できます。

実行結果

この例では先ほどまでのsinに加えてcosのグラフも表示しています。2つのグラフを同時に表示することができました。なお、複数のグラフを表示するときはlabelキーワードとlegendを使って凡例を表示するのを忘れないようにしましょう。

【おすすめ記事】
Pythonを学びたい方は必見!おすすめスクールまとめ5選
【無料で使える】Pythonを勉強できる学習サイト7つ
Pythonの本・参考書の評判
【Python入門】if 文での真偽判定の仕方(TrueとNone)
【Python入門】モジュールを扱う際に重要な「if __name__ == ‘__main__’:」とは?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る