1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【Python入門】今最も勢いのあるプログラミング言語Pythonとは?

【Python入門】
Pocket

プログラミング言語「Python」は世界では非常に高いシェアを誇りますが、日本では意外と知名度が低い言語です。日本語の情報もCやJavaと比べると少なく、少しとっつきにくい印象があるかもしれません。しかしPythonは平均年収ランキングで1位となるなど、非常に将来性のある言語で、学んでみたいという方も多いと思います。

ここでは、Pythonがどういった言語なのかについて、簡単に説明します。

Pythonの基本情報と歴史

Pythonは1991年に登場した汎用プログラミング言語です。日本ではCやJava、Rubyなどと比べると知名度が低く、あまり知らない方も多いかもしれません。しかし、世界では非常にメジャーな言語として知られ、GoogleやMicrosoft、Appleといった大手IT企業や研究の分野でも活用されています。

Pythonの特徴

初心者でも読みやすくキレイなコードが書きやすい

PythonはCやJavaと比べると文法が簡潔でコーディングがしやすいので、初心者でもとっつきやすい言語になっています。

また、Pythonはインデント(字下げ)によってブロック(プログラムのかたまり)を表現します。例えば、C言語のプログラムは以下のように中括弧{}でブロックを表現します。

たいして、Pythonはインデントでブロックを表現します。

そのため、Pythonでは何も意識をしていなくてもキレイで見やすいコーディングが出来るようになります。さらに、適切なインデントをするクセが付くので、他の言語でもキレイにコーディングできるようになります。

多彩なライブラリ

Pythonは豊富な外部ライブラリが用意されているのも、特徴の一つです。科学的な計算を行うライブラリや、画像や音楽といったメディアを扱うライブラリなど、多種多様なライブラリが用意されています。このようにライブラリがたくさん用意されているのも、Pythonが幅広いジャンルで利用されている理由でもあります。

インタプリンタ言語である

Pythonはコードを逐次実行していく「インタプリンタ」という形式の言語です。Pythonにはプログラムを書きながら実行してすぐに結果を確認できる「インタラクティブシェル」が標準で付属しており、簡単なコードのテストを素早く行うことができます。

Pythonの用途

前述の通り、Pythonには豊富なライブラリが用意されています。そのため、Pythonはあらゆる用途に使用されています。Webアプリケーションやデータベースを利用するアプリケーション、YouTubeやGoogleといったWebサービス、科学技術計算や分析、自然言語処理、近年流行の人工知能など….キリがありませんね。それだけ、Pythonは広い範囲で活用されている言語なのです。

【おすすめ記事】

オススメのPython学習サイトはこちら
Pythonを学びたい方は必見!おすすめスクールまとめ5選
Python チュートリアル(公式)の口コミ・評判
Pythonを使うなら欠かせない!演算を高速化するNumpyの使い方!
【Python入門】Pythonにおけるclassの使い方とは?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る