1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

Python超入門その2〜開発環境を準備しよう〜

Pocket

はじめに

早くPythonプログラミングを始めたいですか?

それには、まず開発環境を準備しなければいけません。

最低限Pythonの処理系(インタプリタ)は必要ですし、快適にプログラミングするためにはエディターなどのツール類も欲しいところです。

初心者の方はつまずきやすい部分なので、ゆっくりやっていきましょう。

この記事では、Python初心者の方を対象に、Pythonの開発環境の準備について説明していきます。

プラットフォームもWindows・Mac・Linuxに対応しておりますので、どの環境であっても大丈夫です。

それではPython本体のインストールから始めていきましょう。

Pythonのバージョンについて

Pythonをインストールする前に、Pythonのバージョンについて知っておかなければいけません。

現在、Pythonは古い2.x系と新しい3.x系の2系統のバージョンがサポートされています。

なぜ2系統のバージョンが存在しているかというと、2.x系と3.x系は一部ソースコードの互換性がないためです。

3.x系では新機能や既存機能の改良が行われているために、2.x系で書かれたソースコードが実行できない場合があります。

このため、メンテナンスの行われていない古いライブラリなどは3.x系で実行できません。

ではどちらを使うべきなのかというと、これから始めるなら特別な理由がない限り3.x系を使うべきです。

3.x系は新しいとはいってもすでに登場から8年余りが過ぎているため、メジャーなライブラリはほとんど対応しています。

また、2.x系は2010年にリリースされた2.7が最終バージョンとなっており、メンテナンスサポートも2020年で終了する予定のため、近々2.x系から移行を迫られることになります。

このような理由から、当記事では3.x系を使って解説を進めていきます。

Pythonのインストール

それではPythonのインストールを始めましょう。

Pythonには公式のインストーラーもありますが、ここではPython本体の他に定番ライブラリやパッケージマネージャーを含んだオールインワンパッケージである「Anaconda」を使います。

下記のページから、該当プラットフォームを選択の上、3.x系をダウンロードして下さい。

64ビット版がデフォルトになっているので、32ビットOSをお使いの方は32ビット版を選択するように注意しましょう。

Anacondaダウンロードhttps://www.continuum.io/downloads

ダウンロードできたら、インストーラーの指示に従ってインストールして下さい。

テキストエディターか統合開発環境か?

Pythonがインストールできたら、次はエディターです。

ソースコードは単なるテキストファイルにすぎないので、極論を言えばメモ帳でもいいのですが、やはりプログラミング用のエディターが最適です。

エディターの選択肢は、大きく分けて「テキストエディター」と「統合開発環境(IDE)」の2種類があります。

テキストエディターは機能が少ないですが、軽量でシンプルです。

一方、統合開発環境は大がかかりですがその分多機能です。

好みの問題もありますが、初心者の方は統合開発環境をエディターに選んだほうがスムーズに学習を進められるでしょう。

ここでは詳しく紹介しませんが、テキストエディターを選ぶ場合には「Atom」や「Visual Studio Code」がオススメです。

統合開発環境のインストール

それでは統合開発環境をインストールしてみましょう。

いくつかの選択肢がありますが、ここでは「PyCharm」をオススメします。PyCharmは、ジェットブレインズ社が開発しているPython向けのIDEです。

同社は、Android公式開発環境のAndroid StudioがベースにしているIntelliJ IDEAの開発元としても有名です。

非常に多機能でエラー検出やデバッガなどもしっかりしているため、初心者の方でも快適にプログラミングできます。

有料のProfessional版と無料のCommunity版がありますので、ここでは無料のCommunity版を下記のページからダウンロードして下さい。

OSの選択を間違えないように注意しましょう。

PyCharmダウンロードhttps://www.jetbrains.com/pycharm/download/

ダウンロードできたら、インストーラーの指示に従ってインストールを進めましょう。

これで開発環境の構築は完了です。

次回から、いよいよPythonプログラミングの世界に入っていきましょう。

まとめ

うまくPythonの開発環境を構築できましたか?

今後はこの開発環境を使って解説を進めていきます。

プログラミングはコードを書かなければ上達しませんので、しっかり開発環境を準備してコーディングしていきましょう。

あなたはテキストエディターと統合開発環境、どちらでプログラミングしますか?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る