1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【Python入門】Pythonにおけるclassの使い方とは?

Pocket

Pythonはオブジェクト指向プログラミングをサポートしている言語です。そのためにはクラスを定義、作成することが必要です。Pythonのクラス定義は他の言語と比べると簡単に行えるようになっています。

今回は、Pythonにおける基本的なクラスの扱いについて説明します。

クラスの定義

Pythonではクラスの定義にclass文を使用します。class文を使った定義の仕方は以下のようになります。

class文の後にそのクラスの名前となるクラス名をつけて、最後に「:」を付け加えます。そのあとに一段落インデントを入れてクラス定義をしていきます。

メソッド

クラスにはメソッドを定義することができます。メソッドの定義は以下のように行います。

メソッドは必ず1つ以上の引数を持ちます。また、引数のうち最初のものはselfという名前にすることになっています。メソッドを呼び出すには以下のようにします。

class Test:

実行結果

This is test

コンストラクタとデストラクタ

メソッドの中でも、インスタンスが生成されるときに自動的に呼び出されるメソッドのことをコンストラクタと言います。コンストラクタを定義するには「__init__」という名前のメソッドを作成します。

__init__も必ずselfという引数が必要になります。それ以外にも引数をつけることができ、その引数はインスタンスを生成する際にクラスを呼び出す時の引数が渡されます。

実行結果

引数で渡された数字は10です。

コンストラクタとは逆に、インスタンスが不要になり削除される時に呼ばれるメソッドをデストラクタと言います。デストラクタは「__del__」という名前のメソッドで定義されます。

実行結果

コンストラクタが呼ばれました
デストラクタが呼ばれました

継承

Pythonのクラスも他のクラスを継承し、拡張することができます。クラスを継承する場合はクラス文に親となるクラスを指定します。親のクラスのメソッドを呼び出す場合はsuper()を使います。

実行結果

このクラスはTestクラスを継承しています。
引数で渡された数字は10です。

【おすすめ記事】
Pythonを学びたい方は必見!おすすめスクールまとめ5選
【無料で使える】Pythonを勉強できる学習サイト7つ
Pythonの本・参考書の評判
Pythonのコーディングにオススメな無料テキストエディタまとめ

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る