1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【PHP入門】LaravelでWHERE句のANDやORをネストする方法

Pocket

QueryBuilderで、WHERE句のANDやORをネストする方法についてご紹介します。

LaravelでSQLを記述

Laravelで、SQLを記述する場合、基本的にはQueryBuilderを使用します。
その際、WHERE句のANDやORが入れ子構造になったSQLが必要になることがよくあります。

SQLを使用した場合

例えば、東京都か神奈川県に在住している、20才以上のユーザを抽出したい場合。

となります。※usersテーブルは架空のものです。

QueryBuilderを使用した場合

ポイントは、whereメソッドの引数に、無名関数を使用する点です。
この無名関数内で、引数(例では$query)を使って記述した内容は、SQLを生成する際に”(“と”)”で括られるイメージになります。

上記のQueryBuilder文を、疑似的にSQLとして表現すると下記のようになります。

見比べたところわかりやすくなっています。

【おすすめ記事】
【初心者歓迎】PHP学習で人気のプログラミングスクール
バックエンドエンジニアおすすめ!PHPの学習サイト9つ
PHPの本・参考書の評判

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る