1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【PHP入門】if文を使用した条件分岐の方法

Pocket

PHPのif文とは、条件分岐のことを言います。プログラミングを覚える上では必須になるため、きちんと理解を深めておくことが大切です。

if文の書き方

基本構文は下記のようになります。

このように記述をすることで[if文]を使うことが出来るようになります。

実際にphpのif文を書いてみよう

基本構文を確認したところで、次は具体的にphpのif文を書いていきましょう。サンプルコードは下記となります。

サンプルコード

出力結果
変数「$goukaku = 70;」と比較をして、「if($score >= 75)」で条件を決めています。
「echo」を宣言してHTMLに表示をさせているので、下記のようになります。

素晴らしい!合格です

elseを使ってみる

elseとは英語で「そうでなければ」という意味で、さらに条件分岐を複数に分けることをいいます。何度も組み合わせることが出来るので、elseを使うと更に多くの条件分岐を設定することが出来ます。

基本構文は下記のようになります。

サンプルコード

HTML出力結果
「if($goukaku >= 75)」と「else($goukaku < 80)」で比較をしています。

数字が「70」より上なら「合格です!」
数字が「80」未満なら「不合格です!」

このようにしてifを使うことでプログラミングで様々な条件を設定して出力させることが出来ます。
if文は必ずといっていいほど使うので、最初の内は簡単な条件分岐を設定してなれることが大切です。

【おすすめ記事】
【初心者歓迎】PHP学習で人気のプログラミングスクール
バックエンドエンジニアおすすめ!PHPの学習サイト9つ
PHPの本・参考書の評判

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る