1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【PHP入門】 for文での繰り返し処理の仕方

Pocket

プログラムを作成していると同じ処理を何度も繰り返したい時があります。
プログラミング用語では、この同じ処理を何度も繰り返すことを「ループ(loop)」と呼びます。PHP でループ処理を行う構文はいくつかありますが、決まった回数分ループする構文が for 文です。

for文の書き方

書き方は上記のようになります。
初期化式はループが始まる前に一回だけ実行されます。
波括弧 {} 内に書かれた文は、条件式がが成立している間、実行されます。
後処理式は、波括弧 {} が実行されたあと、実行されます。

実際にphpのfor文を書いてみよう

以下のコードを打ち込んで実行してみてください。

「0 から 9 までの数字を印字する」というプログラムです。
実行例は以下のようになります。

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

for 文の中括弧の書き方

for 文は古いプログラミング言語でも存在していたため、以下のような慣習的な書き方があります。
for ($i=0; $i < ループ回数; $i++) {....} 変数名には $i, $j, $k が多い。 数を 1 ではなく 0 から数える。 ループしたい回数を条件式の中に入れ、比較演算子は < を使う。 $i++ という書き方が多い。$i = $i + 1; と同じ動作になります。

break 文

for 文のループの途中でエラーが発生した場合など、強制的にループを抜けたい時には break 文を使います。
特にファイルの読み書きやネットワークへのアクセスなど、実行時にエラーが発生しやすいコードがループ内に含まれている場合は、エラーが発生した時点でループを抜け出すようにしておかないと、何度も同じエラーを発生させることになります。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る