1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【PHP入門】ファイルへの書き込みをする方法 – file_put_contents関数

【PHP入門】
Pocket

PHPの関数 file_put_contents()を使って、ファイルに文字列データを書き込む方法をご紹介します。

ファイルに文字列を書き込む

PHPでは、file_put_contents()を使えばファイルに情報を簡単に書き込むことができます。この関数は、fopen()、fwrite()、 fclose()を続けて実行してデータをファイルに書き込む動作を一回で行えます。

file_put_contents()を使うときは、データを書き込むファイル名とファイルに書き込むデータを指定します。ファイルが存在しない場合は、新しくファイルを生成しますが、すでにファイルが存在する場合は上書きします。ただし、フラグが設定されている場合は別です。
実行に成功した場合は、ファイルへ書き込まれたバイト数が返されます。実行に失敗した場合は、「false」が返されます。

例1)sample.txtというファイルに「HELLO WORLD」という文字列を書き込む

これにより、自動的にsample.txtというファイルが作成されて、「HELLO WORLD」という文字列が書き込まれました。

ファイルに追記する

file_put_contents()では、フラグを指定することでオプションを設定することができます。
フラグは以下の3つです。 複数のフラグを指定する場合は論理演算子「 | 」を使います。

FILE_USE_INCLUDE_PATH
ファイルをインクルードディレクトリから探します
FILE_APPEND
既存ファイルへ追加で書き込みをします
LOCK_EX
書き込み中にファイルをロックをして、他の人からの書き込みができなくします

例2)既存ファイルに追記する

フラグにFILE_APPENDを指定することで、ファイルの上書きではなく追記ができるようになります。例1)と例2)のコードにより、sample.txtには「HELLO WORLD」と「HELLO WORLD2」という文字列が書き込まれました。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る