1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【Photoshop入門】自動選択ツールとクイック選択ツールを使用した画像の切り抜き方

Pocket

画像を加工するとき、「この画像の一部分を切り抜いて別の画像に組み合わせたい」ということがあると思います。画像を切ったり、貼ったりできれば、画像加工に大きな自由度が加わります。今回は、「ある画像から特定の一部を切り抜くやり方」をご紹介します。

切り抜きができれば、Photoshop(フォトショップ)のスキルも大幅にアップすること間違いなしです。今回紹介する方法は、カンタンな操作方法なので、ぜひこの機会にマスターしましょう。

自動選択ツールを使った画像の切り抜き

今回はこの画像を使用し、風見鶏だけを切り抜いてみましょう。

まずは、左側のツールパネルの中から、選択ツールの右下にある三角部分をクリックします。すると、2種類の選択ツールが表示されます。ここでは、自動選択ツールを使用しましょう。

自動選択ツールが選択できたら、風見鶏の部分をクリックしてみましょう。すると、クリックした個所と類似している部分が自動的に選択されます。選択された部分は白くなるので、確認しましょう。

とてもカンタンに選択範囲をとることができました。
では、この選択した部分を別画像として出力しましょう。メニューバーの中にある「選択とマスク」をクリックします。

すると、風見鶏だけがきれいにくり抜かれた画像ができました。背景が白と灰色のクロスハッチになっているのは、そこには画像データがないということを意味します。

出力先として「新規レイヤー」を選択し、「OK」をクリックしましょう。

これで風見鶏だけが選択されたレイヤーができました。

このケースでは、切り取る画像が周りの部分に比べてはっきりしているため、カンタンに行うことができました。しかし、空と海のような境界部分が複雑な画像だったり、色合いがはっきりしない画像の場合、「自動選択ツール」だけではうまく切り取ることができません。

そのような場合には、下記のツールを使ってみましょう。

クイック選択ツールを使った画像の切り抜き

先ほどと同様、ペンギンの画像を使用します。しかし、今回の画像は、先ほどの画像に比べるとペンギンと周りの背景部分が曖昧です。自動選択ツールでは、このような複雑な画像からは上手くペンギンだけを切り出すことができません。

ここではクイック選択ツールを用いて、画像からペンギンだけを切り抜きましょう。

先ほどと同様、選択ツールの右下の三角部分をクリックし、「クイック選択ツール」を選択しましょう。

この状態で、ペンギンの胴体をクリックします。すると、ペンギンの体の一部が選択されました。

クリックだけだと、選択されているのが胴体部分のみになってしまいます。そこで、次に、首の周りをクリックしてみましょう。すると、選択領域が広がりました。同じようにペンギンの部分をどんどんクリックして選択していきましょう。

進めていくと、以下のように選択できました。

よく見ると、背景色の近いところにペンギンと誤認して余分な部分を選択しているところがありますが、ここではあまり気にせずに先に進みます。

風見鶏のときと同様、ペンギンが選択された状態で「選択とマスク」を選択します。

すると、ペンギン+余分な部分だけが選択された画像が出てきました。

もし、背景の透明度を変えたいときは「属性」>「透明部分」>「**%」で調節してみてください。たとえば、完全に透明にしたいときは「100%」を入力します。

また、選択したときの表示の種類を変えることもできます。「属性」>「表示」からいろんな種類を選ぶことができます。これまでは「オニオンスキン」を選んでいたということがわかります。好みで変えてみましょう。

次に、出力した画像の余分なところを削ってみましょう。

画面の左上に「+」と「-」を選ぶところがあります。「-」を選んで、削りたい箇所をクリックしていきましょう。削るサイズを変えたければ、「-」の隣の値を変更してみましょう。特に細かいところは、サイズを小さくすると作業がしやすくなります。

削りすぎてしまった場合は、+を選択し、範囲を拡大しましょう。

最終的に選択した箇所は以下のようになりました。

削りすぎて多少ボコボコになってしまいました。

それでは、最後にこのボコボコを修正していきましょう。「属性」>「グローバル調整」>「滑らかに」で選択範囲を滑らかにしていきます。ここでは、値を「60」にしましょう。

結果は次のとおりです。

先ほどのボコボコした選択部分が滑らかになりました。あとは、風見鶏のときと同様、出力先として「新規レイヤー」を選択、「OK」をクリックして、ペンギンだけが選択されたレイヤーを追加して完成です。

おわりに

いかがでしたか。一見難しそうな切り抜きですが、1つずつ手順を追っていけば、誰でも簡単にできてしまいます。次回は、今回使った画像を用いて合成にトライしていきましょう。

おすすめ記事
【Photoshop入門】画像の合成の仕方を徹底解説!
【Photoshop入門】コピースタンプツールを使って画像の汚れをきれいにする方法

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る