1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Photoshop入門】画像にテクスチャを付ける方法

Pocket

Photoshop(フォトショップ)で、画像にテクスチャを付ける方法についてご説明します。テクスチャは、画像に砂目調等の質感を加えたり、モザイクをかけたりといったCGならではの手法ですが、Photoshopの機能を使えば意外と簡単に実現することができます。それでは、詳しい手順について確認してみましょう。

セルにパターンを乗せる方法

CGでイラストを描く場合、洋服等一部のセルにだけ模様や質感を加えたい場合があります。そんなときは、パターンを使用したいセルの上に新しいセルを作成し、2つのセルの境界をAltキーを押しながらクリックしてグループ化します。

次に、上部メニューより「編集」>「塗りつぶし」と順にクリックして「塗りつぶし」画面の「パターン」を選択しましょう。そして、少し下の「カスタムパターン」の右側の▼をクリック、さらに設定のアイコンをクリックすると「テクスチャ」を選ぶことができます。

そして、任意のテクスチャ画像を選び「OK」ボタンを押すとレイヤーがテクスチャで塗りつぶされます。

さらに、レイヤーの描画モードを「乗算」に変更し、不透明度を調整すると下のレイヤーと合成させることができます。

フィルターギャラリーからテクスチャを使用する方法

今度はクマの「体」レイヤーを選択した状態で、上部メニューより「フィルター」>「フィルターギャラリー」の順にクリックし、「テクスチャ」のフォルダを選択します。

そして、「粒状」をクリックして使用してみましょう。クマの体全体に砂目調の質感が加えられました。

ちなみに、画像全体ではなく、部分的にテクスチャを使用したい場合は選択ツールを使用します。上部メニューの「フィルター」>「ピクセレート」より「モザイク」を選んでみましょう。選択された範囲のみにモザイクがかけられました。

インターネットで公開されているテクスチャを使用する方法

「Photoshop テクスチャ」などのワードで検索すると、インターネット上で公開されている様々なテクスチャ素材をゲットすることができます。中には、無料で使用できるものも沢山ありますので、サイト上の利用規約を確認してストックを溜めておくと便利です。

まとめ

Photoshopでテクスチャを使用すると、画像の雰囲気や質感を手軽に変えることができます。フィルターギャラリーなどに、あらかじめ様々なテクスチャが用意されているので、手持ちの画像に色々試してみても楽しいですよ。

【おすすめ記事】
Photoshopの本・参考書の評判
【Photoshop入門】ピンボケした画像の調整の仕方
【Photoshop入門】マスクの種類と基本操作方法のまとめ
【Photoshop入門】ブラシツールの基本操作方法

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る