1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Photoshop入門】ピンボケした画像の調整の仕方

Pocket

Photoshop(フォトショップ)で、ピンボケしてしまった画像をシャープ、または、逆に通常の画像にソフトフォーカスをかけて柔らかい印象に仕上げる方法についてご説明します。画像全体の雰囲気を調整するには、フィルタという機能を使用します。それでは、具体的な手順について確認してみましょう。

下準備

まずは、元のレイヤーを画面下部のアイコンにドラッグ&ドロップして複製します。複製できたらコピーされたレイヤーをクリックし、こちらを作業対象にしましょう。作業環境になっているかどうかは、レイヤーの色がグレーになっているかで判断できます。

レイヤーを複製することで、イメージ通りの調整ができなかった場合、元に戻すことができ、仕上げの微妙な調整をする際にも役立ちます。

また、このとき、元のレイヤーにはロックをかけておきましょう。

画像をシャープにする方法

メニューバーの「フィルタ」>「シャープ」>「シャープ」の順にクリックすると画像にシャープのフィルタがかかります。

もっと強めにシャープをかけたい場合は、何回か同じ手順を繰り返してください。または、シャープ(強)などのフィルタを試してみてください。

シャープが強すぎるという場合は、レイヤーの不透明度を調整してみましょう。

また、シャープのかかっているレイヤーと、元の画像レイヤーを統合することにより、程よくフィルタの効果を調整することもできます。その際は、元画像のロックをダブルクリックで解除、クリック&ドラックで1つのレイヤーにしましょう。

※あまりに画像全体がぼやけている場合、この方法では調整できないことがあります。

画像にソフトフォーカスをかける方法

メニューバーの「フィルタ」>「ぼかし」>「ぼかし(ガウス)」の順番に選択すると、画像にぼかしフィルタをかける画面が表示されます。

ぼかしの度合いを調整したい場合、画面下のバーを調整してください。また、シャープの場合と同様、レイヤーの不透明度を変更することでより微妙なニュアンスを調整することができます。

画像にフィルタをかける場合の注意点

CG画像は、拡大・縮小をかけることにより、ぼやけてしまう傾向にあります。通常は、画像に調整をかけた後、実際に使用するサイズに変更することで、修正した箇所が目立たなくなります。

「シャープ」や「ぼかしフィルタ」に関しては『せっかく調整したのに、サイズを変えたらまた画像がぼやけてしまった。』ということがないよう、仕上がりと同じくらいのサイズで調整を行うようにしましょう。

まとめ

フィルタを使用し、シャープやソフトフォーカスをかけると、クリアで印象の良い画像に仕上げることができます。また、レイヤーをいくつかコピーして微調整することも可能ですので、画像のニュアンスを調整したい場合はぜひ試してみてください。

おすすめ記事
Photoshopを学べるスクール・教室19選
Photoshopの本・参考書の評判

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る