1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Photoshop入門】シェイプやパターンを利用して幾何学的に模様を描く方法

Pocket

Photoshop(フォトショップ)でシェイプやパターンを使用して幾何学的に模様を描く方法についてご説明します。あらかじめ用意された画像パターンを使用することにより、誰でも手軽に美しいデザインを作成することができます。それでは具体的な手順について確認してみましょう。

シェイプの使用

メニューバーの「カスタムシェイプツール」を選択すると、様々な形の図形を選ぶことができるようになります。

まずは、星形のシェイプを選択し、キャンバス内をマウスでドラッグしてみましょう。
※縦横比が元のシェイプと同じ状態で描きたいという場合は、Shiftを押しながらドラッグしてください。

キャンバスに簡単にシェイプの形状の画像を描くことができました。

シェイプ画像の変更

シェイプの色を変更したい場合は、上部のパレットより設定することができます。

また、シェイプはメニューの「編集」>「パスを変形」で変更を加えることもできます。

今回は「回転」を選択してシェイプに傾きを加えました。

他にも様々な効果を加えることができるのでぜひ試してみてください。

シェイプのレイヤーを通常のレイヤーに変更

シェイプを描画したレイヤーは画像のように独自の構成になっており、通常のレイヤーと同じ操作が行えないことがあります。

そこで、シェイプのレイヤーの右端辺りを右クリック>「レイヤーのラスタライズ」をクリックすると通常のレイヤーに変更することができます。

パターンの使用

画像にパターンを使用することで、特殊なテクスチャを加えることができます。まずは新規のレイヤーを作成し、パターンを使用したいセルとグループ化します。

そしてメニューバーから「編集」>「塗りつぶし」の順にクリックすると、「塗りつぶし」画面が表示されます。

内容は「パターン」に変更し、中央のカスタムパターンを選択して「OK」を押すと下のレイヤーの着色されている部分をパターンで塗りつぶすことができます。

このままでは下のレイヤーの陰影などが活かされていませんが、上のレイヤーの描画モードを「乗算」「スクリーン」などに変更したり、不透明度を調整したりすることにより自然にパターンを下地のレイヤーになじませることができます。

フリー素材の利用

シェイプやパターンはPhotoshopにいくつか用意されていますが、インターネットで「Photoshop」「フリー」「シェイプ」などと検索すると無料で手に入れることもできます。木目調やチェック柄など使い勝手のよい素材が数多く公開されているので、サイトの利用規約を確認して色々とストックしておくと良いでしょう。

まとめ

シェイプやパターンを使用すると、1からデザインを描き起こすよりも簡単に画像に効果を加えることができます。また、さまざまな素材を取り入れることにより、イラストの作成作業を省力化することができます。ぜひ試してみてください。

おすすめ記事
【Photoshop入門】ブラシツールの基本操作方法
【Photoshop入門】自動選択ツールとクイック選択ツールを使用した画像の切り抜き方

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る