1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【Photoshop入門】初心者でもアレンジできる!基本機能の使い方

Pocket

「自分が撮った写真をポスターなどで使用したい。」また、「ちょっとした加工を加えてアレンジしたい。」と思ったことはありませんか?

こういうとき、Photoshop(フォトショップ)が使えるととてもカンタンに制作できます。ただ、Photoshopはとても多機能であるが故、表示されるアイコンがたくさんあり、初心者からすると少しハードルが高く感じてしまいますよね。

ここでは、これから初めてPhotoshopを使う方に、ツールや基本操作をご紹介していきます。

インストールの仕方

まずは、Photoshopをインストールしましょう。「Photoshop 購入」と検索すると、AdobeのWEBサイトが上位表示されると思います。表示されたら、Adobeのアカウントを作成しましょう。作成できたら、Photoshopを購入しましょう。

インストールができたら以下の順番に操作を行っていきましょう。

  1. まずは、Adobe Creative Cloudのページに行きましょう。ページが開いたらAdobeアカウントでログインします。ログインができていれば、右上に人型のマークと自分のアカウント名がうっすら出てくるので、ここをクリックしましょう。
  2. クリックすると、アカウントの管理画面が出てきます。「デスクトップ製品 ダウンロード」をクリックしてみましょう。
  3. 次に、どのアプリをインストールするか聞かれます。ここで、複数のアプリが表示されているかと思います。このタイミングで直接、Photoshopをインストールしてもいいのですが、まずは「Creative Cloud」のアプリをインストールしましょう。
  4. このアプリは、Adobe製品を一元管理してくれる優れものです。Adobe製品はPhotoshop以外にも多数あり、自分がどの製品を買っているのか、わからなくなるときがあります。そういうとき、このアプリを入れているととても便利です。また、アップデートの有無もまとめて確認することができます。

  5. 次に、ダウンロードを開始する旨が表示されます。スキルレベルなどが聞かれますが、ここは適当に答えてしまって大丈夫です。どのように答えても、Photoshopのインストールには影響ありませんので、ご安心ください。
  6. Creative Cloudのダウンロードが始まります。ダウンロードが終わるまで少し待ちましょう。ダウンロードが終わると、「CreativeCloudSet-Up.exe」が左下のタスクバーに表示されるので、クリックし実行しましょう。
  7. さきほどの exeファイルを実行すると、以下のように画面が出てきます。ここでも100%になるまで、ちょっと休憩です。100%になると、Creative Cloudがインストールされた状態になります。
  8. Creative Cloudがインストールされると以下のような画面が出てくるはずです。ここで、Photoshopのインストールをしていきましょう。まず、「Apps」をクリックしましょう。
  9. 「Apps」をクリックすると自分が購入したAdobe製品の一覧が表示されます。この中にPhotoshop がありますので、クリックしましょう。
  10. 「Photoshop」のインストールボタンをクリックしましょう。すると、インストールが始まります。次のように画面が出てきたら、インストール完了です。「開く」ボタンを押せば、Photoshop が起動します。

Creative Cloudを入れておくと、自分が持っているAdobe製品が一覧でわかり、アップデートがある場合に教えてくれるのでとても便利です。最初にダウンロードしておきましょう。

写真を実際に編集してみよう

写真の読み込む

それではPhotoshopを開きましょう。Photoshopが起動すると、以下のような画面が表示されます。ここからファイルを読み込みましょう。

「ファイル」>「開く」を選択し、自分の編集したい画像を選択します。

ここではスキーの画像を編集していきます。以下のような画面が表示されました。

文字を入れよう

ここに文字を入れてみましょう。文字を挿入するには、左側の「T」マークを選ぶことで挿入することができます。「T」をクリックし、挿入したい文字を入力しましょう。

ここでは画面のように文字を入力してみました。

文字を大きくしよう

これだと文字が小さいので、少し文字サイズを大きくしましょう。文字を大きくするためにパレットを使います。パレットから、文字のサイズを選びます。ここでは 「60pt」を選びました。

文字を傾けよう

もう少し工夫をこらすため、文字を傾けてみます。

「編集」>「変形」>「ゆがみ」を選び、文字枠をドラッグすることで文字の傾きを自由に調整することができます。

太文字にしよう

太文字にしたい文字列を選択した状態で、文字のパレットから、太めの「T」をクリックします。こうすることで、太文字にすることができます。パレットが画面にない場合は、「ウィンドウ」>「文字」を選択することで出てきます。

最終的に完成した画像は以下のようなものになります。

おわりに

今回は、Photoshopのインストールと画像の読み込み、文字列の挿入を簡単に解説しました。Photoshopにはまだまだたくさんの機能があるので、これから少しずつ学んでいきましょう!

おすすめ記事
【Photoshop入門】レイヤーを使用し、イラストをデザインしてみよう!
【Photoshop入門】初心者が抑えておくべきサイト8選

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る