1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【Photoshop入門】暗く映ってしまった写真を調整する方法

Pocket

デジカメなどで写真を撮ると、思った以上に暗い画像になってしまいガッカリしたことはありませんか?明るい自然光の中で撮影したり、レフ版を使用したりすると良いとされていますが、なかなか難しいものですよね。

そんなとき、Photoshop(フォトショップ)を使用すれば、今まで削除するしかないと思っていた画像もきれいに補正することができます。それでは、具体的な方法についてご紹介していきます。

下準備

まずは、「レイヤー」ウインドウより対象となるセルを選択します。選択した状態で、右下2番目のアイコンにドラッグ&ドロップし、レイヤーの複製をします。この作業を行っておくことで細かい調整が可能となります。また、元のレイヤーを直接操作しないので万が一補正に失敗してしまった場合も安心です。

描画モードによる補正

先ほどコピーしたレイヤーを選択し、描画モードのプルダウンメニューから「スクリーン」を選択します。

これで、画像全体が明るく補正されました。明るすぎる場合は、右上の「不透明度」を調整してみましょう。例では、元の暗い画像をレイヤーの上に明るく補正するレイヤーが重なっている状態です。上のレイヤーの不透明度を下げて徐々に透明に近い状態にしていくと下のレイヤーがよりはっきりと見えるようになります。

レベル補正により細かく調整

先ほどの方法で画像全体を明るくすることはできますが、補正した画像を確認すると「やや青みがかっている」「本来の色味とは違う」など、イメージに合わないこともあるはずです。そこで、もっと仕上がりにこだわりたい方は、ぜひ次の方法を試してください。

まずは、元の画像レイヤーを複製し、メニューバーの「イメージ」>「色調補正」>「レベル補正」からレベル補正画面を表示します。そして、画面内の3つの△を左右に動かすと色調を補正することができます。

実際に動かして、感覚的に調整するのが一番ですが、1つの方法として、まずは中央の△を左に動かして画像全体をやや明るい状態にし、左の△を右に動かして濃い色を補正。さいごに右の△を左に動かして仕上がりイメージを調整するという手順がカンタンなので覚えておきましょう。

さらに、画像全体の色味を調整したい場合は、プルダウンメニューより、それぞれレッド・グリーン・ブルーの色味を補正することができます。そして、3つのカラーバランスをうまく調整することにより単調な画像も好みの雰囲気に仕上げることができます。

おわりに

Photoshopを使用すると、残念だった画像も手軽に理想のイメージに近づけることができます。今回ご紹介した方法以外にも様々な画像補正の方法がありますので、ぜひ色々と試してみてください。

おすすめ記事
【Photoshop入門】シェイプやパターンを利用して幾何学的に模様を描く方法
【Photoshop入門】マスクの種類と基本操作方法のまとめ

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る