1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Photoshop入門】画像に文字を追加する方法

Pocket

Photoshop(フォトショップ)で、画像に文字を追加する方法についてご説明します。画像に説明文を付け加えたい場合、またはメッセージを付けたい場合など、Photoshopの機能で簡単に文字を入れることができます。それでは、具体的な例と共に手順を確認していきましょう。

文字ツールで画像に文字を入れる方法

メニューバーの「文字ツール」をクリックし、画像内の文字を入れたい箇所をクリックすると、画像内にカーソルが表示されます。そのままキーボードで文字を打ち込むと、任意の文字を画像に追加することができます。

縦書きで文字を入れたい場合は、文字ツールを右クリックして「縦書き文字ツール」を選択します。

そして、文字の色・大きさ・フォントを変更したい場合は、上部メニューで設定します。

文字に効果を加える

上部メニューの「編集」>「変形」を順にクリックすると、入力した文字に効果を加えることができます。

さらに、「ワープテキスト」を選択するとインパクトのあるデザインを文字に反映させることができます。

文字が見えやすくなるよう効果を加える

画像にそのまま文字を入れても、背景に溶け込んでしまい見えにくくなってしまうということがしばしばあります。そんなときは、文字を入力したセルを右クリックし、「レイヤー効果」を選択してください。「レイヤースタイル」画面で文字に様々な効果を加えることができます。

文字に縁取りを付ける方法

「レイヤースタイル」画面より「境界線」を選択すると、文字に縁取りを付けることができます。バーを左右に動かして太さを変更したり、パレットから色を選択したりして画像によく合い、文字が映えるように調節しましょう。

文字に陰影を付ける方法

「ドロップシャドウ」を選択すると、文字に陰影を付けることができます。陰影の角度や大きさ等を設定し、効果的な陰影ができるように調節しましょう。画像全体が暗い場合は「光彩」等で文字にハイライトを入れることもできます。

まとめ

画像にテキストを入れるテクニックは、資料画像やブログ用の画像作成など様々なシーンで活躍します。ワープテキストやドロップシャドウなどの効果を加えて、見栄え良く分かりやすいメッセージを入れるようにしましょう。

おすすめ記事
【Photoshop入門】ブラシツールの基本操作方法
【Photoshop入門】セピア調やモノトーン・絵画風など画像に雰囲気を加える方法

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る