1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【Linux入門】rmコマンドを使ってファイルやディレクトリを削除する

【Linux入門】
Pocket

Linuxでファイルの削除を行う場合や、Linuxでディレクトリの削除を行う場合はrmコマンドを使います。

rmコマンドの説明

書き方は以下のようになります。

rmコマンドは、デフォルトではディレクトリを削除しません。
ディレクトリを削除する場合は、-r というオプションを指定します。

Linuxのコマンド全般に言えることですが、ファイル名・ディレクトリ名には
相対パス・絶対パス、どちらの指定もできます。

ですので、

という書き方でも、

という書き方でも削除ができます。

オプションの説明

-r

これはディレクトリを削除するのに使います。
ディレクトリの中にディレクトリがあっても、全て削除が行われます。

-f

Linuxでファイルの削除を行うと、削除していいですか?と確認されることがあります。
大量のファイルを削除する場合など、一々確認されるのが面倒な場合によく使うオプションです。
また、ファイルが存在しない場合でも警告が出なくなります。

-i

これは-fオプションと逆で、必ず確認が行われます。
重要なファイルを削除する場合は、このオプションをつけるべきでしょう。

-v

削除されたファイル・ディレクトリを表示します。
こちらも、重要なファイルを削除する場合は確認として付けることが多いです。

これらのコマンドは、同時に使用することができます。

削除するファイルを全て確認し、表示する

ディレクトリ・ファイルを、確認せず削除する

特に、-rfはファイル名やディレクトリ名を間違えると甚大な被害になることもあるので、慎重に使いましょう。

rmコマンドを使ってみる

ディレクトリを全て削除する

現在ディレクトリの、.csv拡張子のファイルを全て削除する
*はワイルドカードと呼ばれるもので、どんな長さの文字列でもマッチします。

現在のディレクトリの、全てのファイルを削除する

複数のファイルを削除する

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る