1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

Python超入門その3~基本的な型を覚えよう~

Pocket

はじめに

開発環境の準備は万全ですか?

開発環境が準備できたら、いよいよPythonコードを書きながら学んでいきましょう。

まずはプログラミング入門のお約束”hello, world”からです。難しく考える必要はありません。

Pythonはインタプリタ言語なので、実に簡単に実行できます。はじめの一歩を踏み出してみましょう。

この記事では、Python初心者の方向けに、Pythonによる”hello, world”と基本的な型について説明していきます。

すべての基礎となる部分なので、しっかり覚えておきましょう。

はじめの一歩”hello, world”

どんなプログラミング言語でも、はじめの一歩はやはり”hello, world”です。

これは、単純にコンソールに”hello, world”という文字列を出力するだけのプログラムです。

コンソールというのは出力先のことで、コマンドプロンプトやターミナルなどを指します。

前回インストールしたPyCharmは統合開発環境なので、コンソールが統合されています。

起動してプロジェクトを作成したら、新しいPythonファイルを追加してみましょう。

そして、次の1行を書くだけです。

   print(“hello, world”)

たったこれだけで”hello, world”は完成です。

保存して実行してみましょう。

どうですか?うまくいっていれば画面下のコンソールに”hello, world”と出力されます。

これであなたもPythonプログラマーの仲間入りです。

次は、Pythonの型についてみていきましょう。

型とはなにか?

プログラミングが初めての方は、型といわれてもピンとこないでしょう。

型というのは、データの種類のようなものです。

たとえば、数値や文字列、真偽値などプログラムで表現したいデータの種類によって型を使い分ける必要があります。

プログラムでは入力されたデータを加工して出力するといったことが多いため、データの入れ物である型は非常に重要な存在です。

次項でPythonの基本的な型についてみていきましょう。

Pythonの基本的な型

真偽値(bool)

bool型は、True(真)かFalse(偽)のどちらかの値をとります。

たとえば、オン/オフなどのように2種類の値しかとらないデータに使います。

真偽値の考え方は条件判定文など他の部分でも使いますので、必須の概念です。

数値(int/float/complex)

Pythonの数値型は3種類あり、それぞれ数値の形式が異なっています。

int型は、整数を表す型です。たとえば、0・1・123などの小数を含まない数値です。

小数を含む場合には、float型を使います。

float型は、浮動小数点数を表す型です。

たとえば、3.14・1.08・0.01などの小数点を含む数値です。

浮動小数点数の精度には限界があるため、場合によっては計算誤差が生じることに注意しましょう。

complex型は、複素数を表す型です。一般的なプログラミングでは使用しないでしょう。

文字列(str)

str型は、文字列を表す型です。

先程”hello, world”と記述した部分が、まさに文字列になっています。

プログラムでは文字列を処理することも多く、真偽値や数値と並んで重要なのでよく覚えておきましょう。

バイナリ(bytes)

bytes型は、バイナリデータを表す型です。

バイナリデータとは、コンピューターが内部で扱っている0と1で表されるデータ表現のことです。

究極的にいえば、他のすべてのデータ型もバイナリデータです。

シーケンス(list/tuple)

シーケンスとは、連続したデータの並びのことで、複数の値を格納することができます。

list型は、他の言語でいうところの配列に近い型です。

たとえば、(1・50・100)といったように任意の数のデータを順序付けて格納することができます。

一般的には同種のデータを格納しますが、(1・True・”str”)といったように異なる型を混在させることも可能です。

tuple型は、list型と同じように複数の値を格納できますが、list型とは違い後から値を変更することができません。

そのため、作成時から変更しないデータを扱うために使われます。

ディクショナリ(dict)

dict型は、ディクショナリ(辞書)構造を表す型です。

他の言語では、連想配列と呼ばれることもあります。

辞書の目次のように、キー(鍵)とバリュー(値)を紐付けて格納します。値にアクセスするときは、キーを指定します。

関連する値ペアを保存しておきたいときに最適です。

まとめ

“hello, world”はうまく出力できましたか?

printは2.x系と3.x系で書き方が違うので、両方のバージョンを扱う方は注意しましょう。

また、基本的な型はプログラムで頻繁に利用するため、しっかりと覚えておいて下さい。

それぞれの型の詳細については、今後の記事で詳しく解説していきますので、ここでは大まかに覚えておきましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る