1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

プログラミング入門講座⑥「CSSを書いてみよう」

Pocket

プログラミング入門講座の第6回です。
cssの基礎知識をつけておきたい方は、先に

をお読みください。

まずはfirebugをインストール

まずはFirefoxにfirebugプラグインをインストールしてください。
Firebug : Add-ons for Firefox

このツールはCSSがきちんと作動しているかのチェックのほか、ブラウザ上から一時的にスタイルを追加して表示を検討することができます。(保存はされませんので検討が終わったらコピペして、CSSファイルに書き込んでください。)

CSSの基本構成

以前の講座でご紹介したように、CSSは宣言ブロックが羅列されたものです。CSSには後から書かれた宣言が、前に書かれた宣言を上書きする特性があるため、土台となる宣言ブロックほど上に、各コンテンツに個別に設定するものほど下に記述するのが一般的です。ですからCSSの基本構成は上から順に概ね次のようになります。

  • CSSの初期化
  • ページ全体にかかわるスタイル
  • 繰り返し使われるスタイル
  • 個別に部分ごとに使われるスタイル

CSSの初期化

ブラウザには、CSSなしでもHTMLが読めるよう、タグに初期値のスタイルが設定されています。問題は、初期値がブラウザごとに違うということです。そのため、CSSを使用する場合には、どのブラウザでも差異がなくなるよう一旦スタイルを初期化して揃えます。初期化の方法はコーディングの先人たちが試行錯誤しながら、WEBに公開しています。とくに有名なのは初期化を最初に考案したEric A. Meyer氏のreset.cssです。
CSS Tools: Reset CSS

他にもYahooのYUI cssなど「css 初期化」で検索すればいろいろとヒットします。それらは概ねコピペして流用可能なライセンスになってますので、いろいろ試して、カスタマイズし自分に合ったものを使用します。

ページ全体にかかわるスタイル

次に、リンク色、全体の文字色、見出しなど、ページ全体のベースになるスタイルを記述します。著者の場合は主に、body、h1~h6、p、ul、table等、要素名単体をセレクタにする宣言ブロックをここに記述しています。この内容はCSS初期化とも一部重複しますので、その場合にはCSS初期化時に直接記述する場合もあります。

繰り返し使われるスタイル

次には多くの場合、サイト内で繰り返し利用される汎用的なスタイルが設置されます。例えば、margin、padding、textlign、float等です。これらの汎用スタイルは、1宣言を1宣言ブロックとして記述されることが多いです。
<記述例>

この例にもありますが 「.mb数字」、「.mt数字」はそれぞれmargin-bottom、margin-topだけのクラスを作る時に使われる代表的な命名です。.mr数字、.ml数字、.pb数字、.pt数字、.pr数字、pl数字も同様(p~はpadding)で、多くのCSSで多くのコーダーに使われている命名ですので、表記を合わせると、引き継ぎなど他者にコードを見せる場合にスムーズでしょう。

個別に部分ごとに使われるスタイル

最後に、個別の箇所ごとに使用する、汎用性の低いスタイルを記述します。これらのスタイルは、これまでのスタイルが上書きされた後の最終的な表示状態のスタイルとなりますので、CSSの読み込み順が後になる、下の方に書く必要があるのです。また、より細かい制御のためにはセレクタの複数指定を利用するといいでしょう。

各プロパティについて

CSSのプロパティは大変数が多いため、個別の使い方は下記サイトを参照してください。
スタイルシート[CSS]/プロパティ一覧 – TAG index Webサイト

また、こちらのサンプルコードをご覧いただければ、主なプロパティが確認できます。

ここで使われている主要なプロパティは下記になります。

background font-family margin-left
border font-size margin-right
border-bottom font-style margin-top
border-left font-weight min-height
border-spacing height padding
border-collapse list-style padding-left
clear list-style-position text-align
color list-style-type vertical-align
content margin visibility
display margin-bottom width
float

少しだけ、実践的なCSSコーディングに触れてみます。

float

floatは要素を表示の流れから浮かせるプロパティで、ブロックレベル要素のまわりにテキストを回り込ませたい場合や、本来縦並びになるブロックレベル要素を横並びにしたい場合に使います。

sc18
sc19

注意しなければならないのは、floatを設定した場合、設定した要素の次の要素はfloatされた要素に回り込もうとするという点です。次のような場合注意が必要です。下記はCSSの適用前です。

sc20

下記は想定していた表示です。

sc21

下記は失敗した表示です。

sc22

この場合、タグ以前の2つの要素がfloatされているため、タグのテキストは回り込もうとして、予期せぬ位置に入り込んでしまします。

正しい表示にするためには、タグにclearというプロパティをかける必要があります。これを回り込みの解除又はフロート解除と呼びます。

sc23

しかし、clearを使ったフロート解除は、floatした要素の次の要素に頼るため、コンテンツの変更に弱い欠点があります。そこで考えられたのが.clearfixです。

clearfix

.clearfixは、フロート解除の役割をfloatした要素の親要素に背負わせるクラスです。
<記述例>

sc24

先ほどの例ですと、図のような使用となり、タグのスタイルに頼りません。そのため仮に<p>タグの要素が<ul>などに変更された場合でも問題がおこりません。

【オススメ記事】
➡︎【CSS上達事例】書籍とWebサイトを使ってCSSを独学で身につけた話
➡︎ コーダー志望者必見!CSSのスクールBEST17
➡︎ マークアップエンジニアがオススメするCSS学習サイト
➡︎ CSSの本・参考書の評判

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る