1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥーコード)の口コミ・評判

DIVE INTO CODE
Pocket

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥーコード)は、Ruby on Railsを活用したWebアプリケーション開発に必要な知識を指導し、自力でプロトタイプを作成できるスキルをつけることを目標とするスクールです。学習効率を徹底的に追い求めたテキストと受託業務などの実践的な経験を通して、初心者をWebエンジニアに急成長させます。起業のために本気でプログラミングを学びたい方やプログラミングを身につけることで仕事の幅を広げたいという熱意を持った方にオススメのスクールです。

カテゴリ リアルスクール
受講形態 クラス
レベル 初心者~中級者
対象 起業 / 就転職 / スキルアップ
場所 東京都
無料体験 あり
入会金 0円
価格 64,000円~300,000円(以下は一例です)
ベーシック…64,000円(税込)
スタンダード…128,000円(税込)
スペシャル…300,000円(税込)
時間 朝~夜
期間 3ヵ月~1年
講師 エンジニア
教材 オリジナル
言語 Bootstrap / CSS / Git / HTML / Ruby on Rails

はじめる前に無料体験レッスンがあるから安心!

DIVE INTO CODEの公式サイトを見る

DIVE INTO CODEの特徴まとめ

  • 徹底した成果重視のカリキュラム
  • 20冊のテキストで必要な知識を網羅
  • 全10回(20時間)の個人レッスンで重要ポイントを押える
  • 受託開発などの実践経験も積むことができる
  • 学生でも受講しやすい料金設定

徹底した成果重視のカリキュラム

代表である野呂氏は時間管理に関して誰よりもこだわりと実践経験を持っており、その知見が教材開発とカリキュラムに現われています。また、初回面談は選考も兼ねておりやる気の無い方は受講できない可能性もあり、本気でプログラミングの能力を身につけたいという方のみオススメできるスクールです。

20冊のテキストで必要な知識を網羅

講座で使用するテキストは、Ruby on Railsを活用したWebアプリケーション開発に必要な知識を全20冊に凝縮しています。それぞれのテキストに掲載されている課題をクリアしないと次のテキストに進めないため、全てをやり通すことで濃い学びを得ることができます。また、カリキュラムを通してHTMLやCSS、JavascriptなどWebエンジニアに求められる技術を幅広く学ぶことができます。

全10回(20時間)の個人レッスンで重要ポイントを押える

全10回におよびWebエンジニア講師による直接講義を受講でき、最短距離でWebスキルを身につけるためのエッセンスを教わります。DIVE INTO CODEの講師は経験0から短期で高いスキルを身につけた講師が多く、初心者がつまづくポイントを的確に押えた授業を受けることができます。

受託開発などの実践経験も積むことができる

講座内の卒業検定に合格すると、受託開発の経験を積むことができるなど、実践経験の場が用意されます。受託開発では、DIVE INTO CODEの運営会社であるタイムシフト株式会社の業務に関わり、時給をもらいながらプログラミングの実践的スキルを向上させることができます。

学生でも受講しやすい料金設定

プログラミングスクールと聞くと受講料が高いとイメージされる方もいるかもしれませんが、DIVE INTO CODEではスタンダードコースが1年で128,000円(月の負担は約1万円)とお手頃な価格で受講ができます。また、時期によっては学生割引キャンペーンを行っている時期もあり、お金があまりない学生でも実践的な学びを得ることができるスクールとして人気を集めています。

はじめる前に無料体験レッスンがあるから安心!

DIVE INTO CODEの公式サイトを見る

DIVE INTO CODEの口コミ・評判

Webエンジニアを目指す第一歩には最適な講座

20代・男性・システムエンジニア

とても良い
私はSEとして働いていて、今後のキャリアなどを考えたときに新たな技術を身につけたいと思い受講しました。

学習できる内容としてはRuby on Railsをベースにbootstrapを用いてデザインをする方法やAjaxの実装方法など、Webアプリケーションを作成する方法を体系的に学ぶことができます。

この講座はサポートが手厚いです。
SNSを通じて質問をすることで回答をいただくことができたり、担当のメンターがつき親身に相談に乗ってくれます。
また、講座が終わったら終わりではなく、その後のアフターサポートをしていただけるのもサポートの手厚さを感じます。

さらにこの講座の大きな特徴として講座卒業時に受託開発案件に携わらせていただけるというものがあります。
通常の講座では学習して終わりですが、この講座では学習したことを実践の場で試すことができます。

この点からWebエンジニアを目指す第一歩として非常に有益な講座だと感じました。

DIVE INTO CODEの運営会社情報

会社名 株式会社DIVE INTO CODE
本社所在地 〒104-0033
東京都中央区新川1−3−4
資本金 6,500,000円
代表 野呂 浩良

はじめる前に無料体験レッスンがあるから安心!

DIVE INTO CODEの公式サイトを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る