1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

アーテックエジソンアカデミーの口コミ・評判

アーテックエジソンアカデミーの口コミ・評判
Pocket

Artec(アーテック)エジソンアカデミーは、MITメディアラボの開発によるオリジナルのプログラミング言語「scratch」とアーティックブロックを使ってロボット作りが楽しめるスクールです。ロボットを作りながらプログラミングを学び、子供に自分で考えて行動する力を養うことを目的としています。基礎からステップを踏んで学習できるオリジナル教材を使うのでロボット作りが初めての方でも安心です。

カテゴリ リアルスクール
受講形態 クラス
レベル 初心者
対象 子ども向け
場所 北海道 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 茨城県 / 栃木県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 新潟県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 広島県 / 山口県 / 福岡県 / 熊本県 / 宮崎県
無料体験 あり
入会金 なし
価格 月額 10,000円(税抜)
教材費 40,000円(税抜)
時間 朝~夜
期間 1ヶ月~
講師 インストラクター
教材 オリジナル
言語 scratch
アーテックエジソンアカデミーの公式サイトを見る

アーテックエジソンアカデミーの特徴まとめ

  • ロボットの組み立てと専用ソフトでプログラミングを学習
  • 独創性をのばすステップアップ方式の24のカリキュラム
  • ロボットプログラミングを通して自分で考え、行動する力を養う
  • 専用テキストでさらに理解力アップ

ロボットの組み立てと専用ソフトでプログラミングを学習

2012年から中学の技術家庭科の授業でプログラミングが必修となっており、さらに小学校への導入も検討されるなど、プログラミング学習は子どもにとって欠かせないものになりつつあります。アーテックエジソンアカデミーでは、プログラミング初心者でも簡単にロボットプログラミングの基礎が学べるように開発された専用ソフトを使うことができます。さらに、ブロックを利用してロボットを組み立てることにより、子供の興味を引くように工夫されています。

独創性をのばすステップアップ方式の24のカリキュラム

アーテックエジソンアカデミーの口コミ・評判
カリキュラムはステップアップ方式で無理なくレベルを上げていけるようになっています。8つのレベルの学習を、それぞれ3つのステップでマスターできるようになっています。

ロボットプログラミングを通して自分で考え、行動する力を養う

2020年からは大学入試センター試験に代わって、思考力や応用力を問われる試験に変わります。その能力を鍛えるために、プログラミングが注目されています。ロボット作りを通してプログラミングを学習することで論理的思考力、問題解決能力、創造力を身につけることができます。イギリスでは5歳から義務化されるなど、世界では子供の教育にプログラミングが必須となる傾向が強まっている中で、アーテックエジソンアカデミーでもグローバル化に対応するものと考えて取り組んでいます。

専用テキストでさらに理解力アップ

プログラミングやロボットの組み立てだけでなく、専用テキストでセンサーの仕組みなど様々な知識を理解できるようになっています。

アーテックエジソンアカデミーの公式サイトを見る

アーテックエジソンアカデミーの口コミ・評判

現在、口コミはありません。

アーテックエジソンアカデミーの運営会社情報

会社名 株式会社アーテック
本社所在地 〒581-0066 大阪府八尾市北亀井町3-2-21
資本金 4,000万円
設立 1960年4月5日
代表 藤原 悦

スクールの紹介動画

アーテックエジソンアカデミーの公式サイトを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る