1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

今話題のSwift!評判の良いスクールはどこ?

Swiftスクール
Pocket

SwiftはApple社が開発し、iOSおよびMac OS Xで動作するアプリケーションを開発するために作られたプログラミング言語です。2014年のカンファレンスで発表された非常に新しい言語です。新しい言語であるため、従来のプログラミング言語の良い点・悪い点を踏まえて設計されており、Apple社は「長所をすべて備え、短所をいっさい持たない」と主張しています。従来のプログラミング言語を振り返ると、実行速度の速さと開発効率の高さが両立していません。C言語やJavaは実行速度が速いのに対し、スクリプト言語と呼ばれるPHPやRubyなどでは開発効率が重視されています。SwiftはC言語やObjective-Cを母体としているため実行速度が速く、同時に、プログラムのテスト環境や可読性の高さも兼ね備えているため開発効率の高さも確保されています。

Swiftを用いた開発作業を行うにはApple製品が必要です。Mac OS Xに付属するXcodeと呼ばれる開発環境でしか開発を行うことができません。Xcodeはグラフィカルツールなどの現代的な機能を提供し、高い生産性を上げることが可能です。Swiftの学習における懸念は、新しい言語であるため、既にSwiftを覚えた開発者が少なく、開発者コミュニティなどもまだ小さいことが挙げられます。プログラミング言語は過去の開発者の取り組みなどを閲覧することで、理解を深め、作業効率を上げていくことができますが、新しい言語であるSwiftでは自分で理解を深めていかなければなりません。また、いかなる技術でもそれが一般に普及するかどうかは、不確実なものです。せっかくSwiftを学んでも、すぐに廃れてしまっては時間の無駄になります。開発者コミュニティの動きを注視しながら、Swiftの活用を考えていくのがよいでしょう。

最短4週間でiOSエンジニアになる!

Swift(スウィフト)の講座があるプログラミングスクール

  1. ナガセキャリアセンター
  2. Winスクール
  3. TechAcademy(テックアカデミー)
  4. schoo(スクー)
  5. RainbowApps(レインボーアップス)

下記では、各スクールの詳細をご紹介します。

1.ナガセキャリアセンター

ナガセキャリアセンター

上場企業のIT研修も行っているナガセキャリアセンターですが、個人に対してもiPhoneアプリ制作講座を通してSwiftを学ぶことができます。変数や条件分岐、関数などの基礎を学ぶコースだと料金72,000円で1ヶ月、より実践的な内容に挑戦したい場合はそのためのコースも用意されています。このように求めているスキルに併せて学ぶ内容を選べるのが魅力です。また、お忙しい方のために2日間で完結する集中講座もあります。

ナガセキャリアセンターの詳細を見る

2.Winスクール

Winスクール

完全個別指導を売りにして全国に教室を展開するWinスクールですが、Swiftにも対応しています。初心者の方向けなので開発ツールの導入から、基本文法の学習、アプリに必須な機能の実装まで全て一貫して完全個別指導のレッスンが受けられます。料金は126,000円で、期間はどれくらいの頻度で通うかに依存しますが、おおよそ3ヶ月程度で習得可能です。

Winスクールを見る

3.TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy

TechAcademyにもSwift講座があり、実際にRSSリーダーのiPhoneアプリを作成します。Objective-CとSwiftの関係など基礎的な概念から教えてもらえるのが特長です。どうXcodeを使うか、デバック方法、公開ライブラリの利用、Swiftの文法など基本的な内容なら始まるので初心者でも安心です。料金は20,000円で、1日で完結する内容です。

TechAcademy(テックアカデミー)の詳細を見る

4.schoo(スクー)

schoo

schooには基礎から応用まで一括で学べるような講座はありませんが、上場企業である株式会社じげんやヤフー株式会社のエンジニアが講師を務める初心者向けのSwift学習動画が複数あります。Swiftがどういう言語か解説したものや、実際に音楽アプリを作るものまで様々ですが、「HTMLやCSSはなんとなくわかるけど、アプリは全くの未経験」という方は特に多く受講されているようです。

schoo(スクー)の詳細を見る

5.RainbowApps(レインボーアップス)

RainbowApps

RainbowAppsは、ワールドビジネスサテライトをはじめ多数のテレビなどのメディアで取り上げられているプログラミングスクールです。SwiftクラスというSwiftを学ぶコースがあり、言語としての基礎的な概念や文法を学んだ後、知育アプリやニュースリーダー等のiOSアプリの開発を行います。全10回で99,700円の人気講座です。

RainbowApps(レインボーアップス)の詳細を見る

Swift(スウィフト)の勉強を成功させるために

SwiftはiOSアプリの開発において急速に人気を伸ばしているプログラミング言語です。その人気に比例して上記の多くのスクールでクラスが開かれています。必要なスキルだけかいつまんで学習できるものから、基礎的な内容からアプリ開発まで行うものまで様々なので、「自分が何を学びたいか」を明確にしてスクール選びをしましょう。

最短4週間でiOSエンジニアになる!

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る