1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

Pythonの本・参考書の評判

Python書籍
Pocket

Pythonは広範囲で活用されているプログラミング言語で、DropboxやYoutubeなど有名サービスのシステム開発にも深く活用されています。また、文法が平易なことから初心者に向いている言語だと言われています。そんなPythonを1から学ぼうと考えている方、基本はマスターしたがさらに深めていきたい方は、今回紹介するプロスタスタッフが選定した10冊が学習の参考になるでしょう。

Pythonを学べる書籍

  1. みんなのPython 第3版
  2. Pythonスタートブック
  3. 初めてのPython 第3版
  4. Python入門[2&3対応]
  5. パーフェクトPython (PERFECT SERIES 5)
  6. 空飛ぶPython即時開発指南書 (Programmer’s SELECTION)
  7. Pythonチュートリアル 第2版
  8. Pythonプロフェッショナルプログラミング
  9. Python文法詳解
  10. エキスパートPythonプログラミング

1.みんなのPython 第3版

プログラミング初心者にも分かるよう基礎から始まる入門書です。豊富なサンプルコードによって洗練されたPythonのプログラミングスタイルを理解できるよう、丁寧な解説がなされています。変数・条件分岐・関数などの基礎的な機能から、オブジェクト指向や標準ライブラリなどの高度な内容へと進む構成です。本書後半にはToDo管理アプリケーションの作成例があり、GUI (グラフィカル・ユーザー・インターフェース) を伴った実践的なプログラミングを体験することができます。

みんなのPython 第3版

中古価格
¥1,877から
(2016/3/23 16:58時点)

読者からの口コミ

入門書だけど一通りの説明があります

40代・男性・Webディレクター

良い
バランスのいい感じの本、Pythonだからやっぱりヘビだよねということでこの本を選んでみました。 一応Web系のプログラミング経験者なので、最低限のループや関数の書き方には抵抗なく読み進められます。後半は多少Pythonらしい特徴の説明にも触れていますが、やはり入門書感が強くこの本は1冊目に読むべき本だというのが率直な感想です。前のバージョンとの違いにも触れているので、古いプログラムを読み解く参考にもなりそうです。

2. Pythonスタートブック

プログラミングの知識ゼロから始められるPythonの入門書です。豊富なイラストやスクリーンショットが掲載されているため、初心者にも易しい一冊になっています。初心者がつまずきやすい概念については注意深く言葉を選び、他の類書やインターネットサイトに比べて、より丁寧な解説がなされている点が好評です。本書を読み終わる頃には、データ型などのPythonならではの機能を使って本格的なアプリケーションが作成できるようになることが期待されています。

Pythonスタートブック

中古価格
¥1,850から
(2016/3/23 17:00時点)

著者の辻真吾さんからのメッセージ

これまでプログラミング言語を学んだことが無い方にもわかるように、本当に基礎から解説しています。また、オブジェクト指向の説明に、かなり力を入れているので、他の言語を学ぶ際の基本的な知識も身に付きます。短いコードでいろいろな事ができるという、Pythonの魅力を伝えられるように配慮しました。Python2.7を使って説明していますが、プログラムの例はPython3でも動きます。

プログラミングに興味があるが、何から始めればよいか分からない方や、Pythonの基本を知りたい方におすすめします。また、オブジェクト指向がどうもよくわからない、という方の助けにもなるかもしれません。逆に、現代的なプログラミング言語を1つでも習得した経験のある方で、Pythonを学びたい方には、「みんなのPython」など、もう少し高度な書籍がおすすめです。

読者からの口コミ

配列ってなんだっけくらいの人にはちょうどいい本

40代・男性・Webディレクター

普通
現在主流の3.x系ではなく2.x系の解説本ではありますが、おそらく初心者にはあまり問題が起きないように感じました。ディクショナリの解説が少々甘かったものの、これからプログラムを始める人にとってはこれくらいがちょうどいい分量のように思えました。発展的な内容は別の本にゆずるとして、他の言語を触ったことがなくとも得に問題なく読むことができると思いました。

読者からの口コミ

本当にゼロからで大丈夫でした。

40代・男性・Webディレクター

良い
Pythonで書かれたプログラムが読めるようになりたくて、未経験者の自分が最初に選んだのがこの本。プログラミング経験者なのでひょっとしたら簡単すぎるのかもと思いつつも、やはり不安だったので入門書らしい入門書を手に取りました。 これまで読んできたプログラミング入門書よりもかなり丁寧に書かれていて、著者の親切心が伝わってきました。最低限の処理についてしか書かれていないような気もしますが、これでいいスタートになったのは間違いありません。

3. 初めてのPython 第3版

プログラミング解説に定評のあるオライリー社から出版されたPythonの入門書が「初めてのPython 第3版」です。Pythonとはどういった言語なのか、という根本的な概念から始めることで、基礎的な機能について深い理解を得ることが狙いになっています。PythonはWebアプリケーションやデータ解析など、様々な用途に活用できるのが特徴ですが、どの方向に進む場合でも必須の要素を学ぶことができます。808ページに亘る充実した内容を読破する頃にはPythonプログラマーを名乗る自信がわいてくるでしょう。

初めてのPython 第3版

中古価格
¥3,500から
(2016/3/23 17:02時点)

読者からの口コミ

しっかり学びたいなら

40代・男性・Webディレクター

良い
プログラミング言語の本と言えばやはり動物が表紙のオライリー本を手にしてしまうのは、もう習慣のようになってしまいました。Pythonについても初めてづくしなのですが、この出版社に対しての信頼度が強すぎるせいか安心して読むことができました。 サンプルに無駄がなく他のPython本より分厚いので、読み応えはありますし1回では理解しきれません。今後もリファレンス本として傍らにあると思います。

4. Python入門[2&3対応]

Pythonの基礎から応用まで平易に解説された入門書です。他のプログラミング言語の経験はあるけれども、Pythonは初めて経験するという人に最適な教科書になっています。「Pythonを利用すると、こうできる」「Pythonではこうスッキリと書ける」といった気づきを与えてくれる解説です。Webアプリケーション向けのDjango等のフレームワークや、Google App Engineなどのプラットフォームとの連携、デスクトップアプリ、実用的な処理パターンなどが掲載されている点も特徴と言えます。

Python入門[2&3対応]

中古価格
¥2,317から
(2016/3/23 17:09時点)

読者からの口コミ

違いがはっきりわかります

40代・男性・Webディレクター

良い
Pythonはバージョンが違うとずいぶん違うから、その辺でつまずくんだよね。というのが知人のアドバイスだったので、迷わず両方のバージョンについてしっかり比較してあるこの本を購入。確かにバージョン2と3ではかなり違うようですね。この本のおかげで世の中に出回っているプログラムソースがどちらで書かれているか、を気にする必要がなくなりました。

PAGE NAVI

1

2 3

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る