”本気で”エンジニアを目指すなら『TECH BOOST』キャリアから逆算された講座内容で、あなたの未来をサポートします!

Perlの本・参考書の評判

Pocket

5.プログラミングPerl〈VOLUME1〉

Perlといえば「ラクダ本」と言われるような、Perlのバイブルです。「初めてのPerl 第6版」「続・初めてのPerl 改訂第2版」よりも踏み込んだ内容になっており、より安全なプログラムをシンプルに記述することができるようになります。Perl言語の開発者ラリー・ウォール氏によって執筆されていることも特徴で、Perlのプログラム仕様に託された哲学についての解説もあります。本書は内容が二冊に分かれており、後半は「プログラミングPerl〈VOLUME2〉」になります。

プログラミングPerl〈VOLUME1〉

中古価格
¥1,514から
(2016/3/29 11:55時点)

読者からの口コミ

Perlといえばこの本なしでは語れない

30代・男性・エンジニア

とても良い
Perlを経験したら、最終的にはここにたどり着くであろう本。この本がボロボロになってもまだまだ奥深いPerlの世界の全容は見えてこないかもしれない。何度も読み返し、何度もはっとさせられ続けています。
この本に載っていない事はないといっても過言ではないでしょう。初心者は「初めてのPerl」からじゃないと正直つらいと思います。私の周りでもPerlプログラマの所有率はかなり高い本です。

読者からの口コミ

内容が非常に古い

30代・男性・エンジニア

悪い
perlの作者ラリーウォールが監修している原典だけあって perlを語る人はとりあえず貶すことができない本になっています。だがしかし、実際にページをめくってみるとグロブの話や古い呼称である”連想配列”が途中の大部分にでてくることに気づくはずです。 型グロブを利用するプログラムを組み込み以外であなたは見たことがはたしてあるだろうか? perlを使っている方の0.1%もグロブなどを利用することはないでしょう。 原典ではあるものの、あまりにも古い情報であるためおすすめできません。

6.Effective Perl 第2版

1999年に出版された定番の入門書が2015年に最新のPerlに関する情報を追加し第二版として出版されました。「初めてのPerl 第6版」「プログラミングPerl 第3版 VOLUME 1」と同様にPerlの基礎を固める定番の一冊として知られています。最新の情報を取り込むことで、プロトタイピングやテストといった現代の開発手法にも対応した点が特色です。Perlの基礎にとどまらず、慣用句・CPANといったPerlをより効率的・効果的に用いる方法が紹介されているので、Perlプログラミングのスキルを一段アップさせてくれるでしょう。

Effective Perl 第2版

読者からの口コミ

1つ上行く読み物感

40代・男性・Webディレクター

普通
プログラミングのスキルアップには2段階あるような気がします。良いプログラムに触れる段階と、自分流の改善を施す段階。後者で必要になるのが、この本です。自分流を自分勝手と履き違えると、嫌われるプログラマになってしまうので、この本で好かれるルールを学ぶべきだと思います。項目ごとにわけられた説明は端的でうまくまとまっているので、読み物として時間のある時に目を通すのがおすすめです。

7.もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl (Software Design plus)

Perlはシステム運用やサーバー管理によく使われるプログラミング言語です。システム運用の実務に求められるスキルをまとめたのが、この一冊です。著者はPerlの入門サイト「サンプルコードによるPerl入門」を運営しているため、平易な解説に定評があります。また、内容は雑誌「Software Design」で2010年から2011年に連載された「業務に役立つPerl」を加筆・修正したもので、洗練された説明になっています。インフラエンジニアを読者対象とした一風変わった入門書です。


もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl (Software Design plus)

中古価格
¥1,917から
(2016/3/29 11:56時点)

読者からの口コミ

非常にまずい知識

30代・男性・エンジニア

とても悪い
サーバー系のチューニングを期待して開くべき本ではなく旧時代のApacheでFast::CGIまわりを触ってみよう、などという程度の本です。 さらにまずいことにperlの話ではなくgrepやviなどのその他のツールの話でページが埋まっているので、何がしたいのかさっぱりわからない類の本になってしまっています。 クラウドなどが出現していなかった時代に書かれたとはいえ、あまりにも目に余る内容となっています。

8.マスタリングPerl

「初めてのPerl 第6版」「続・初めてのPerl 改訂第2版」に続くシリーズ第三弾の解説書であり、完結編として位置づけられています。Perlでプログラミングを行っている実務経験者のために、Perlプログラミングで躓きやすいテクニックについて、解決策を提示しています。デバッグ、メンテナンス、設定といった現実の問題を取り上げ、Perlを自由に扱えるようなエンジニアになることを目指します。豊富なサンプルから各トピックの理解を深めることができるので、じっくり読み込む使い方が合っているかもしれません。

マスタリングPerl

中古価格
¥3,433から
(2016/3/29 11:56時点)

読者からの口コミ

中級入門編の位置づけであるのにテスト手法がでてこないのは致命的。

30代・男性・エンジニア

悪い
オライリーの出版本でマスタリングとあるのに、日々のデバッグ手法(printデバッグしか知らない方は一読の余地があるかと)は乗っているものの、肝心なテスト駆動設計に関しては1ページもでてこない本です。テストなく開発してしまうと、ソフトウェアが肥大化してしまい入り組んだバグが発生してしまうものであるのですが、本書でこれを防ぐノウハウを得ることはできないでしょう。タイトルに偽りありです。

読者からの口コミ

買う順番に気をつければ使えるかも

40代・男性・Webディレクター

悪い
入門本以上の本を探してたどり着いたこの本です。脱初級者を目指すには文法などの基本項目は説明が不要なので、高度な利用法やテクニックを求めて読み進めたものの、どうやら読む順番がわるかったようです。「Perlベストプラクティス」より後に購入する意味が見つからないのは気のせいでしょうか。デバッグやテストについてはあまり書かれている本がないので有用かと思いますが、正規表現やセキュアプログラミングについては、この本である必要はありません。

PAGE NAVI
1

2

3

投稿者:プロナビ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロナビの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る