1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

Gitの本・参考書の評判

Git書籍
Pocket

Gitは分散型のバージョン管理システムです。これを利用することで、ソースコード数十万行〜数百万行の大規模な開発を行うことができます。本記事ではGitを本格的に学びたいと考えている方に向けて、プロスタスタッフが選定した8冊の書籍をご紹介します。

Gitを学べる書籍

  1. Web制作者のためのGit入門 (Mynavi Advanced Library)
  2. 入門git
  3. Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉
  4. アリスとボブのGit入門レッスン
  5. Gitによるバージョン管理
  6. Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール
  7. GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
  8. Gitポケットリファレンス

1.Web制作者のためのGit入門 (Mynavi Advanced Library)

これからGitの学習を始める人に向けた入門書です。初心者から中級者まで幅広くサポートできるようにGit入門編、Git実践編の2部で構成されています。Git入門では初心者向けにGitの概念から導入、基本操作までを丁寧に解説し、Git実践編では中級者向けに、CUI操作を前提に、Gitの活用ノウハウを解説しています。これからGitの学習を始めたいという人やGitを使っているものの基礎に不安がある人にオススメです。

Web制作者のためのGit入門

中古価格
¥743から
(2016/3/29 09:48時点)

読者からの口コミ

SourceTreeをつかうなら

40代・男性・Webデザイナー

普通
コマンドラインやシェルでGitを使おうと、Gitのコマンドラインオプションがわかるこのリファレンスを選びました。やりたいことごとに目次が分かれているので、自分の調べたい事柄がすぐに調べられかなり便利です。Gitの基本的な使い方だけではなく、Git使用時に表示されるエラーなどの対処についても詳しく書かれているので、最初から手元にあると便利だと思います。

2.入門git

Gitの解説書である『Pragmatic Version Control Using Git 』の日本語版で、Gitの初心者に向けて書かれた入門書です。Gitの基本的な使い方が非常に分かりやすく解説されているので、初心者がGitの概要を把握するのに適しています。ただし、あくまで入門書なので、この本を読むだけではGitを使いこなせるようにはならないでしょう。これからGitを始める人やGitに対して苦手意識を持っている人にオススメの一冊です。

入門git

中古価格
¥927から
(2016/3/29 09:49時点)

読者からの口コミ

仲間に勧められた1冊

40代・男性・IT企業

良い
仕事仲間にすすめられこの入門本を手にした。これからは開発の仕事にGitを使う場面が多くなるよ、と言われ最初は何のことかわからなかった。この本を読んでみて、複数人の作業だけでなく個人作業の場合も、かなり使えるツールなのだということがわかった。環境構築はもちろん基本操作についてもかなり丁寧に説明がされているので、新人教育にも使えそう。

3.Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

Gitの初心者向け入門書です。Gitをはじめて使う方でも実際の業務に取り入れることができるように、CUIからのコマンド操作ではなく、SourceTree(GUIツール)を使った利用方法が紹介されています。全4章で構成されていて、第1章から第2章にかけてはGitおよびSourceTreeの基本的な使い方を解説し、第3章から第4章にかけてはGitとSourceTreeの具体的な機能について解説しています。イラストや図、カラーでのキャプチャーが多用されているため、初心者でも抵抗なく理解できるようになっています。

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

中古価格
¥1,723から
(2016/3/29 09:49時点)

読者からの口コミ

入門本でも難しかった人向け

40代・男性・Web系企業

良い
開発プロジェクトでGitやSubversionなどのツールを使った経験のないメンバーがいるとそれだけでかなりの時間ロスにもなり、せっかくのツールをいかしきれないこともある。この本は必要最低限について語られており、正直1週間もあれば誰でもGitの基礎である、クローンとコミット、未コミットの取消ができるはずである。この本を理解したら入門本や実戦本が読めると思う。

使えるようになりました

40代・男性・Webディレクター

良い
業務でGitを使うことが必須になり、中堅エンジニアの自分も今さらのGitデビューを果たすことになりました。いちから学ぶというのが久々の事もあり、より簡単そうな本をと探してこの本のたどりつきました。自分が使わないツールなどの説明もありましたが、目次の項目がかなりわかりやすくなっているので必要な部分をつまみ食いする感じで読みましたが、それだけでも充分に使えるようになったと思います。この本はかなりわかりやすいと思います。

4.アリスとボブのGit入門レッスン

Gitの基本や仕組み、GitHubの使い方まで実際に手を動かしながら学習できる入門書です。アリスとボブの真似をしてコマンドを打ち込んでいくことで、段階的にGitの使い方をわかりやすく学べます。会話形式になっているので、飽きっぽい人でも最後まで読むことができるでしょう。大規模なプログラムではなく、一人もしくは数人で使う小規模なプログラムを作成したいという人には役に立つでしょう。ただし、作業環境はMac OS Xなので注意が必要です。

アリスとボブのGit入門レッスン

中古価格
¥950から
(2016/3/29 09:50時点)

読者からの口コミ

チームでの開発に

40代・男性・エンジニア

普通
複数人で作業をする際にGitを使った方が便利だということで使うことにしたものの、作業メンバー間のスキル差があったので全員の底上げをするためにこの本で技術習得することにした。各メンバーの開発環境を整えるところから実査にGitを使ってソースコードを管理するところまでこの本1冊あれば充分に事足りた。さらに今回は利用しなかったが、リポジトリへのアクセス法が複数解説されていて今後の参考にできると思う。

基本がわかりやすい

40代・男性・Web系企業

良い
Gitを仕事で使うことになり、タイトルを見ただけでこの本を選んだ。入門と書いてあるからわかりやすいに違いないとただそれだけで購入。頭から順に読んでいくという使い方もできるが、どちらかというと1問1答式というかFAQというかその類の書き方がしてあり、わからないことが出てきたらこの本で調べるという感じの使い方になっている。わかりやすい言葉で説明されているので読みやすい。

PAGE NAVI

1

2

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る