1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

独自カリキュラムとキャリアサポートが話題のWebスク、卒業生の「今」を知る

プログラミング学習のポイントを話す廣瀬康平さん
Pocket

受講生満足度94%を誇るWebスク。独自の学習システム「WALS」、先進的な学習形式「反転学習」、充実のキャリアサポートなどが話題を呼び、年間の卒業生は500名を超えています。今回は、そんなWebスクで半年間プログラミングを学習し、現在はIT系のベンチャー企業のインターン生として活躍する廣瀬康平さんにお話を伺いました。

Webスクを卒業し、ITベンチャー企業でインターン

– 簡単に自己紹介をお願いします。

専修大学3年の廣瀬康平と申します。Webスクで習ったプログラミングを活かして、現在は、国内最大級のCtoCオンライン学習のマーケットプレイス「manebi」を運営している株式会社manebiでインターン生として働かせていただいております。

– なぜプログラミングを学ぼうと思ったのでしょうか。

大学では経済学を学んでいるのですが、自分が将来それを活かして仕事をしているイメージが湧かず、何か新しいことを学びたいと考えていました。初めはプログラミングについて何も知らなかったのですが、人に勧められ、将来の選択肢の一つだと思い、少し勉強し始めてみました。初めは数式の羅列で全然わかりませんでしたが、数学が元々好きだったのもあり、次第に面白く感じるようになりました。

Webスクでサイト作りを体系的に理解できた

– Webスクに入ってみてどうでしたか。

Webスクには2015年の6月に入り、HTMLとCSS、JavaScriptを中心に学びました。周りの生徒は学生の方が多かったのですが、中には社会人の方もいらっしゃいました。

実際に入ってみた感想は、Webスクでの週一回の授業では学んだことをグループワークや手を動かして実践的にアウトプットする場なので、講義外でのインプットの重要性を日々感じていました。その際に、オンライン学習システムのWALSが自分の状況にあった学習を提案してくれたり、動画やテキストなどのコンテンツが豊富だったのでモチベーションを高く保つことができ無理なく続けられました。

反転学習とWALS

(左:週一回の授業の様子 右:オンライン学習システムのWALS)

最後に自分で1つのWebサイトを作り上げる制作期間があり、それを通してWebサイトの構造やデザインの作り方、動きのつけ方などを体系的に理解することができました。

自分で調べるスタンスとモチベーションの維持が重要

– プログラミング学習でつまずいた点を教えてください。

入学時はプログラミングの知識が浅かったのでほぼ全部つまずいていたのですが、1つの要素が出来上がるごとに喜びを感じ、モチベーションを維持することができました。

– ご経験を踏まえて、初心者がプログラミング学習をする上でのポイントを教えてください。

2つありまして、まず最初に、すぐに人に聞くのではなく、まずは自分で調べて色々試してみて、それでもわからなかったら人に聞くというスタンスが大事だと考えています。調べればわかることは多いですし、いずれは自分で調べながらやることになるためです。

自身の経験を話す廣瀬康平さん

また、プログラミング学習者にとってはモチベーションの維持が課題だと思うのですが、毎日少しでもプログラミングに触れることが非常に重要です。1日でも空けてしまうと次に取り掛かる際のハードルがグッと上がってしまうので、15分〜30分でもコードを書くようにすると良いと思います。

キャリアサポートを受け、manebiのインターン生に

– どのような経緯でインターンをすることになったのでしょうか。

Webスクでは、プログラミング教育だけではなく、卒業後のキャリア支援サポートがありました。担当エージェントの黒沢さんが入学時から6ヶ月間サポートしてくださり、プログラミングスキルだけでなく、卒業後のキャリアやインターン先の選択について指導を親身にしてくださいました。

そして、実際にmanebiの面接を受けましたが、社長に惹かれましたし、社内の雰囲気も自分に合っていると思いました。結果的にスキルや人柄などを評価していただき、インターン生として働けることになりました。

廣瀬康平さんとWebスク担当スタッフ

(左:廣瀬さん 右:Webスクスタッフの黒沢さん)

PHPを学びつつ、フロント周りの業務を行う

– 社内の体制と廣瀬さんのお仕事を教えてください。

会社には全体で10名ほどおりまして、私はベトナム人の技術責任者、エンジニアと一緒に開発を行っています。日本語は話せるものの、聞きづらいこともあるので、少し苦労することもあります。

また、manebiのサービスはPHPで開発しているのですが、今まで私はPHPでの開発の経験がありませんでした。そのため、PHPは家で勉強しながら、業務としてはフロント周りの修正やデザインをやっています。Webスクで自分で調べるスタンスを身につけていたので、PHPを学ぶ上で凄く役立っています。

– 今後の展望をお聞かせください。

フリーランスになりたいと考えています。フリーランスになるには、開発スキルだけでなく営業力も必要なので、インターン先ではこの2つのスキルを身に付けたいです。2年〜3年後には世界を旅しながらフリーランスとしてお仕事をしたいと思っています。また、今はプログラミングを学んでいるのですが、それに囚われず様々なことにチャレンジしていきたいです。

廣瀬さんが受講したWebスクに興味がある方はこちら

Webスクの公式サイトを見る

キャンプ形式で短期集中の学習を希望される方は、WebCampがおすすめです。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る