1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

root・古徳氏インタビュー「プログラミングは仕事にすると成長が早い」

rootインタビュー
Pocket

rootは、初心者が半年間で実務経験を積める「ゼロから始める実践型のプログラミングスクール」です。rootでは、プログラミングを勉強しながら、生徒がWeb制作の仕事に携わることができるため、就職や独立するための実績を作れることが特徴です。今回は運営会社である株式会社LOGZの代表取締役を務める古徳一暁さんに、rootを立ち上げた経緯や今後の展望についてお話を伺いました。

rootを立ち上げた経緯を含めて、自己紹介をお願いします。

私はやんちゃな小中学生時代を経て、高校でも素行が良いとは言えない学生生活を送っていました。そして、高校停学を機に、アルファベットもわからない状態から勉強を始め、上智大学に合格することができました。その後、自分がゼロから大学に合格できた経験を生かして、大学受験の学習塾を立ち上げました。しかし、暗記ばかりの日本の大学受験につまらなさを感じて、もっと生産的で、受験とは違った形の教育をやったほうがいいのではないかと思うようになりました。その後、学習塾を辞めて大学を中退し、インターネットの世界に入った後、プログラミングに興味を持ちました。当時の私のプログラミングの勉強方法は、とりあえずネットで調べてみて本屋にチェックしにいくというものでした。しかし、書店に行くと、本が多すぎてどれが入門書かわからず苦労しました。本や学習サイトを使って独学でプログラミングを学習していくのは難しいと感じました。
プログラミングを勉強すれば、仕事に困るということはないと思います。しかし、例えば、専門学校でプログラミングを学んでも実務を経験していないと、会社に入ったとしても何をすればいいかわからないわけです。仕事を受注してもどうやって納品するのかだったり、工数はどれくらいなのかなどわからないことばかりです。そこで、プログラミングを学んでから実際に仕事に就くまでの橋渡しをしようと思い、実践で通用するスキルを身につけるためのプログラミングスクールrootを立ち上げました。

スクールの特徴について教えてください。

rootのカリキュラムはプログラミングスクールというより企業研修に近いかもしれません。rootでは、Web制作を一通り経験することができます。簡単なホームページ作りだったり、WordPressを使ったサイト構築を任せたりします。もちろん、デザインではなくシステムを作りたい人には、例えば、顧客管理システムの構築に携わってもらったりとその人の志向に合わせて仕事を割り振っていきます。制作ではプログラミングするだけでなく、実際に生徒が企業の打ち合わせに同行することもあります。プログラミングを学んでいても実際にどう仕事に生かすのかわからない人は多いと思います。そういう方に制作現場がどうなっているのか見せてあげられるのがrootの魅力だと思っています。
また、Web制作を経験できるだけなく、働いてくれた対価としてお給料を出しています。自分が作ったものが収入に繋がることで、プログラミングを仕事にできるんだという自信ができると思います。

rootインタビュー

受講生の男女比を教えてください。

男性と女性の比率は半々ぐらいです。女性の講師がいるので、女性の割合が比較的多いのかもしれないですね。最近は女性のエンジニアが増えていてどんどん活躍してもらいたいと思っています。特にデザイン的な部分に関しては女性の方が得意なので、女性のデザイナーもこれから増えていくと思います。

どのような受講生の方が多いのでしょうか。

rootにはいくつかコースがあるので、デザインを勉強したい人からシステムを作りたくてRubyを勉強する人まで様々な人がいますが、その多くの方がプログラミング初心者です。
SNSでグループを作って、お互いを刺激し合いながら進捗管理しています。進み具合は人によってまちまちなので、個人の進み具合に合わせてフォローしています。進捗が早い人から制作スタッフに入ってもらいます。基本的には制作スタッフに入ってからが勝負です。制作の段階に入るとテキストで勉強したこと以外に新しく勉強する必要があるものが出てきます。それに関しては、カリキュラムには組み込まず、別途に対応していきます。rootは少人数なので、個人のレベル、要望に合わせて臨機応変にサポートできるのが強みです。

例えば、受講生にはどのような方がいらっしゃるのですか。

一人は来月から弊社で働くことになった社員です。彼は体調を崩し勤めていた会社を退職して、自分を変えたいという思いでrootに入りました。努力というのは目に見えないので実感しにくいものですが、プログラミングは一つ一つ動作を確認しながら成果を確かめることができます。彼は半年間プログラミングを学んで、自分に自信を取り戻し、自身の経験から人事になることになりました。プログラミングはエンジニアになるためだけでなく、自分を変えたり、自信を取り戻すためにも有用なツールだと彼は言っています。
HTMLとCSSを1ヶ月コースを学んだだけですが、その後スイッチが入り独学で勉強し制作スタッフになった人もいます。彼は何をやりたいかわからないけど、とりあえずプログラミングをやってみたらハマりました。結局は、スイッチが入るきっかけが大事なのかなと思います。プログラミングを全て教わる必要はなくて、本人のやる気次第だと思います。

            rootroot

(左:来月から社員になる戸澤健太さん 右:HTML・CSSコースを受講された田倉開浬さん)
rootに通う多くの人は、エンジニアになりたいというよりは自分を変えたいという人ばかりです。弊社ではキャリアサポートもしているので、実際にエンジニア職に就いている人もいますし、先ほど述べた彼のように人事に進む人もいます。このように、プログラミングの生かし方は色々な切り口があると思います。エンジニアになるためだけではなく、もっと普遍的な見方があってもいいのかなと考えています。

プログラミングを学ぶメリットについて教えてください。

プログラミングは一つ一つの作業を積み上げていくことです。すぐに形として努力が反映されるので、自分に自信をつけることができます。また、思考の整理にもなります。プログラミングというのは、物事の簡略化をしていく作業です。いかに短くできるか、簡単にできるかと考えることで仕事の生産性が上がります。さらに、営業の人であれば、エンジニアとの意思疎通が容易になります。以上のように、プログラミングはエンジニアになれる、収入が得られるといった現実的な部分だけでなく、それ以外の部分においても大きな役割を果たせると考えています。

プログラミング学習のポイントはどのような点にあるとお考えですか。

とにかく、ひたすら書くことです。途中で挫折しそうになっても諦めずにその壁を突破することが大切です。トライアンドエラーを繰り返すしかありません。また、プログラミングをやらざるを得ない環境に自分を追い込むと成長は早いと思います。具体的には、プログラミングを仕事にすると成長は早いです。rootの生徒は制作スタッフになるとスイッチの入り方がまるで違います。それまで興味半分でやっていたプログラミングを仕事としてきちんとこなさないといけないので、早いスピードで成長していきます。プログラミングを学ぶ環境の影響というのは大きいと思います。プログラミングを仕事にすると視点が大きく変わって、それまでとは違った気づきが得られます。

rootインタビュー

今後の展望についてお聞かせください。

障がい者の方の就職支援事業を始めます。企業は雇用する労働者の2%に相当する障がい者を雇用することを義務付けられています。逆に言えば、労働者の2%を雇えばそれ以上雇わなくてもいいということでもあります。障がい者の方に対する風当たりは強いのが現状です。そういった現状の中で、障がい者の方の中には就職することをそもそも諦めている人もいます。プログラミングは、彼らが自分に自信を取り戻し、社会で活躍するための手段として良いのではないかと考えています。プログラミング教育を生かして、彼らが自分の能力を伸ばす環境を作っていきたいと思っています。
また、士業系の会社をグループとして立ち上げて、ベンチャー企業の創業をサポートしていきます。
さらに、どうしてもお金がない人に向けて、無料でプログラミングの授業を受けられる制度を作りました。弊社では家電量販店への人材派遣事業を行っていまして、家電量販店から弊社に支払われる手数料で教育費をまかなえるので、アルバイトに行ってもらう代わりにプログラミングを無料で教えています。現在は、人数の制限があるので、これから提携先を増やしていきたいと思っています。

rootの公式サイトを見る

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る