1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【HTML上達事例⑪】HTMLを挫折して気づいた学習のポイント

HTML事例
Pocket

20代後半の女性の方が挫折しながらもHTMLを習得した話です。

基礎から固めようと、HTMLの勉強を始めた

プログラミング学習は以前からしており、基本情報処理技術者のCOBOLをすでに習得済みでしたが、COBOLはあまり使われていない言語だったのもあってHTMLの学習を開始しました。HTMLはウェブで使われている言語で、もっともスタンダードな言語の一つです。

学習サイトを利用したが挫折を経験した

テキストのみで学習してきたわけではなく、プログラミング学習サイトを利用しています。当初はとほほのWWW入門30分間HTML入門を読んでいましたが、ところどころでよくわからないところが連発していました。入門のところ、や、色のコードの概念がいまいちわからず複雑です。この点については慣れずに挫折してしまい、しばらくわからないままでした。
➡︎ オススメのHTML学習サイトはこちら

実際に作るプロセスを通じて少しずつわかるように

HTMLに慣れるようになってきたのが、テンプレートでホームページを作るようになってからです。ここでは、HTMLをコードで操作することが増え、色のコードは、カラーコード表を使えばかんたんにわかる、といったのがわかってきました。例えば、背景をスカイブルーにしたければ、色のコードで#87CEEBを設定すれば良いだけです。やはり、HTMLはもちろん、どのプログラミング言語でも実際にコードを書きながらでないと覚えられないと思います。

初心者は辞書的に利用できる書籍も購入すべき

だいたいのHTMLのタグがわかってしまえば、ページを作っていくことができるようになります。しかし、やはり応用部分になってくるとタグがわがわからないともでてくるので辞書的に使える参考書は買っておくことをおすすめします。購入したテキストは、大藤 幹『詳解 HTML & XHTML & CSS辞典』(秀和システム)というタイトルで、分厚い辞典型の書籍です。中身は、HTML4.01、HTML5、XHTML Basic 1.1、XHTML 1.0/1.1、CSS2.1/CSS3が収録されていて、HTML5といった移行後の言語も書いてあります。わかりやすくタグが整理されていて、カラー版になっているから、一目瞭然でさっと調べることができます。この書籍の費用は約2,000円〜2,500円ほどでした。

詳解 HTML & XHTML & CSS 辞典

新品価格
¥2,376から
(2016/3/23 13:43時点)

➡︎ オススメのHTMLの本はこちら

もし実際に作る機会を作れない場合は、スクールに通うのもアリ

HTMLは誰でも初めは難しく感じるコンピュータ用の言語で、プログラミング学習サイト(無料)や書籍では書いてある内容がわかりにくく挫折してしまいます。しかし、実際のページ作りを通じてHTMLの操作に慣れてくると、よく使うタグが出てきて、記述方法がコーディングする時に浮かぶようになります。書籍やWebサイトで勉強する時は、ただ読むだけでなく実際に何を作る経験をすることが重要です。もし何か作る機会を自分で作れないのであれば、予算次第ですが、プログラミングスクールに行くと良いでしょう。全国展開しているヒューマンアカデミーWinスクールなどは無料体験をしてみましたがおすすめです。女性の方も多いので、女性も通い安いスクールだと思います。

【オススメ記事】
➡︎【HTML上達事例⑩】スクールに通いつつ、Webサイトで補完してHTMLを勉強
➡︎【HTML上達事例⑫】書籍でプログラミングを学び、掲示板を作成した
➡︎ オススメのHTMLを学べるスクールはこちら

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る