1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【WebCamp体験談】主婦が1ヶ月でWebデザインを学んでホームページを作った

【WebCamp体験談】主婦が1ヶ月でWebデザインを学んでホームページを作った
Pocket

学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を特徴とする、1ヶ月間の短期集中型プログラミングスクール「WebCamp」の主婦・ママ限定のデザインコースに通われた方の体験談です。

個人サロンのHPを作って欲しいと頼まれ、プログラミングを始める

主婦になる前はIT企業で営業・企画職をやっていました。プログラミングを扱うエンジニアチームと仕事をすることは何度もありましたが、私自身にプログラミングの知識は全くありませんでした。RubyやPerl、HTMLやCSSといった単語が会議で出てきてもその部分については会話に入っていくことができないため、いつか勉強してみたいとは思っていましたが、勤めている時代には十分な時間を作ることができませんでした。

主婦となって仕事を辞めてからは、プログラミングのことを思い出すこともなく生活をしていたのですが、ある時友人から「前IT企業に勤めていたんだって?それなら私のサロンのホームページを作ってもらえないかな?」と声をかけられたのが、プログラミングを勉強し始めるきっかけになりました。IT企業にいたとはいえ、プログラミングは全くの初心者であることを伝えましたが、せっかくならとホームページの制作に取り組んでみることにしたのです。

独学を諦めた時にWeb Campの主婦・ママ限定コースに出会った

初心者向けのWebデザインの本もたくさん出ているし、ネット上にも多くの情報があるので、最初は独学でホームページを作れると思っていました。調べてみるとWordPressを使うのが良いとおすすめしているサイトがたくさんあったので、WordPressでページを作ろうとしましたが、どこをどう編集すれば思い通りのサイトになるのかなかなか理解ができず、結局力尽きてしまいました。WordPressのひな型そのままのページを利用するのであれば、プログラミングの知識がなくても苦労しなかったのかもしれませんが、友人に頼まれたサイトである以上、彼女の好みに自分でカスタマイズできないのであれば、ホームページを作ってあげるとは言えないと思ったのです。

HTMLやCSSを本やインターネットで学んで一から書いてみようか、でもそれでは時間がかかり過ぎるかも…と悩んでいたところ、偶然「Web Camp」の主婦・ママ限定Webデザインコースが開講されるという広告を見つけました。主婦・ママ限定ということで、自分と同じような立場の人だけが集まるなら通うのも気が楽だし、一か月限定なら家族にも協力を頼めそうということで、すぐに申込を決めました。

Web Campとは

WebCamp
Web Campは、渋谷・名古屋・福岡に拠点を持つプログラミングスクールです。「オンラインでの予習」と「予習してきた知識を実践する週1回の講義」を組み合わせた反転学習により学習途中で挫折者を出さず、スキルを習得するまでしっかりとコーチングを行うことを重視しており、いつでも講師に質問することができます。また、講座の期間を1か月(週1回/3時間×4回)に設定しており、短期集中型のコースであることに特徴があります。

主婦・ママ限定の一ヶ月間のWebデザインコースを受講

主婦・ママ限定コースとは

WebCamp for Mama
「主婦・ママ限定コース」と名前はついていますが、参加者が主婦・ママ(女性であれば基本的に参加可能だそうです)のみというだけで、Web Campで開催されている通常のWebデザイナーコースと内容は変わりません。1か月でWebデザイン・コーディング・画像編集などを学び、実際にホームページを制作していきます。受講料は¥99,800(税抜)ですが、家事代行クーポンや講義中のベビーシッターサポートを利用しない場合は、2万円引きの¥79,800(税抜)で受講できます。

1ヶ月の勉強時間

1ヶ月でWebデザインの基本的な知識を全てつめこんでいくので、日々の勉強は正直大変でした。平日は2時間〜4時間ほど、週末も平均して3時間程度はパソコンに向かっていたと思います。Web Campでは独自の学習システムを持っていて、そのシステム上に次回のクラスまでに予習しておくべき内容が表示されます。この予習をこなすのに毎日1時間ほどかかり、残りの時間で制作課題に取り組んでいました。

1週目までの予習

最初の授業の前に学習システムが開放されるので、まずはシステムに表示される予習に取り組みます。1週目は主にPhotoshopの操作に関する内容が多く、予習用のテキストや動画を観るだけでなく、実際にPhotoshop上で練習してみることを求められるので、初めてPhotoshopを触った私は予習にはずいぶん時間がかかりました。またHTMLとCSSの関係性や、ごく基本的な記述方法についても予習します。さらにどんなページを作りたいのか、骨子を1ページほどにまとめて1週目の講義にそなえます。

1週目の講義

毎回学習システムで学んだプログラミングの内容について小テストが行われます。答え合わせをした後講師の方から解説があり、プログラムが思ったように動作しなかったような場合には個別にアドバイスもしてくれます。また予習時に作成したホームページの骨子について生徒同士で話し合い、どんなコンテンツを用意するかを決めていきます。

2週目までの予習

Photoshopを使い、ホームページのモックアップ(デザイン見本)を作ります。最初はホームページの枠組みを四角で描いていくことにさえ苦労しました。加えて学習システムで、HTML/CSSを使って文字に色をつけたり、図形を描いたりする方法を学びます。両方を2週目の講義までに終えなければいけないので、予習の量に慣れず時間のやりくりが大変でした。

2週目の講義

画像の設置場所の指定や文字デザインの指示など、ホームページを作るにあたって必ず必要となる記述について勉強します。また作成してきたモックアップを元に、より良いサイトデザインにするにはどうするべきかを生徒同士で話し合います。

3週目までの予習

モックアップを元に、いよいよ実際のホームページをテキストエディタで作成していきます。学習システムの中で学べることだけでは足りないので、自分でネットを調べたり、本を買ったりして制作を進めました。また学習システムの方ではアニメーションなどの時に使用するHTML/CSSに加えて、jQueryやMedia Queriesについて予習します。初めて自分でホームページを一から作らなければならない上、jQueryというプログラムにもまるでなじみがなかったので、体感的にはこの週の予習が一番辛かったです。毎日5時間程度は予習に費やしていたと思います。

3週目の講義

予習した内容を活かして、アニメーションやjQueryの実際の挙動を確かめていきます。加えて、レスポンシブ対応(スマートフォンやタブレットでも見やすいホームページを作ること)についても学んでいきます。また作成途中のホームページを生徒同士で見せ合い、思い通りの挙動にならない部分について話し合って、どこのプログラミングの記述に問題があるのか解決策を探ります。生徒だけで解決しない場合は、講師の方がプログラム内容を確認して、丁寧に解説してくれました。

4週目までの予習

最終日のプレゼンテーションに向け、可能な範囲で制作サイトをレスポンシブ対応にしたり、jQueryを使用してみるなどして、ホームページを完成に近づけます。学習システムではSEO対策やフレームワーク(少ないコードでデザインを表現することができる機能のこと)についても学びます。

4週目の講義

サーバーへの具体的なアップロード方法、Googleでの検索にどうやったら上位表示されるか、といったことを学びます。自分が作ったホームページを講師・生徒全員の前で紹介し、最後に講師から講評をもらって、最終日の講義は終了です。

受講中大変だったこと

短期集中講座ということで、とにかく受講中はいかに勉強時間を確保できるかということが肝になると思います。特に実際のホームページを作る作業に入った3週目、4週目の時には、家族に協力してもらい、1時間でも多くPCに向かう時間を確保できるようにしました。

また、学習システムで学べることだけでは自分の思い描くサイトを作ることができないので、ひとつずつ自分のやりたいことをネットや本で調べる必要がありましたが、最初はそもそもどんなキーワードで検索すれば、自分がやりたいと思っているデザインの記述が出てくるのかもわからず、検索作業にも悪戦苦闘していました。「自分で調べられる部分については自力で解決したい」と思い、私はどうしてもわからない時だけ学習システムから質問を講師の方に送っていましたが、もっと遠慮なくたくさん質問をした方が学習効率が良かったかなと思っています。

どれくらいスキルが身についたのか

最終的に私はHTML/CSS/jQueryを使った友人のサロンのホームページを作ることができました。Web Campではテキストエディタのみを使ってホームページを作っていくため、WordPressのようなブログ作成ツールやフレームワークがなくても、簡単なホームページであれば作ることができるという自信がつきました。また、その後WordPressを使って別のサイトを作ってみましたが、基本的なプログラミングの構造が頭に入っているからか、受講前よりはるかにスムーズにホームページを作ることができました。

Web Campはこんな人にオススメ

プログラミングを独学で学んでいくことも不可能ではないと思いますが、学校に通うのは「勉強しなければいけないという強制力がある」「体系的に効率良く学べる」という点でメリットが大きいと思います。

特に、Web CampのWebデザイナーコースは、これからプログラミングを学びたいという初心者の方におすすめです。予習・復習をしっかりやることができれば、1か月で十分基礎的なことは習得できると思います。

また、1か月という短期間で学習を進めることは、
・どんなに予習や制作が大変でも「この1か月だけだから」という気力が維持できる
・家族の予定や仕事の都合で途中から教室に通えなくなる可能性が低い
・できることが加速度的に増えていくため、プログラミングを学びたいというモチベーションが維持できる

というメリットがあります。

逆に言うと、1か月集中して学べる時間がなさそうな場合にはこのコースは不向きだと思います。予習や制作に十分な時間がとれなければ、授業内容を消化できないまま講義を終えてしまうことになりかねません。とにかく早くWebデザインの基礎力を身に着けたい方1か月であれば時間を確保できるという方は、ぜひWeb Campの講座を検討してみてはいかがでしょうか。

WebCampの公式サイトを見る

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る