1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【VBA上達事例⑫】コツはコードの丸暗記!使ったVBAの書籍は?

vba上達事例
Pocket

全くのプログラミング初心者だったシステムエンジニアの方がVBAを勉強した体験談です。

SEとしてプログラミングを勉強するためにVBAの学習を始めた

プログラミング学習を始めたきっかけは就職です。私はプログラミングなど全くかじったことがない、本当のコンピュータ初心者でした。しかし、就職活動で採用してもらった会社が大手ベンダー系企業の子会社のシステム開発会社でした。私はシステムエンジニアという枠で採用されたのですが、会社の方針で、システムエンジニアとして上流工程の設計に携わる前に一度は下流工程のプログラミングを学ぶ必要があるといわれて、開発の現場に配属されることになりました。しかし、全くのプログラミング初心者がいきなりプログラムを作れるわけでもありません。まったく戦力にならない状態だった自分に見かねた上司が与えてくれた仕事が「コンピュータの性能を測定したデータを表やグラフの形式で加工するプログラムをEXCELのVBAで作る」というものでした。こうして、私のプログラミング学習はEXCELのVBAを勉強するところからスタートしました。

全くの初心者でもわかりやすい書籍を選んだ

まずはいくつかの書籍を試しに購入して、EXCELのVBAを勉強を始めました。ただ、初心者の自分には全く理解不能なものも数冊ありました。その中で「これならいけそう!」と感じたのがソフトバンククリエイティブ社から出ていた「やさしくわかるEXCELVBAプログラミング」という本でした。この本は3,000円近い値段がする本で厚みもかなりあります。しかし、この厚みがポイントです。この本は、本当にVBAを使ったことがない人が使うための本ということで、それこそソースコードの1行1行について、これでもかというくらい詳しく解説してくれていました。ほかのVBAの参考書の中にはサンプルコードはたくさん載っているのに、そこで使われているコードの説明に関してはあっさりとしか書いていないものもたくさんありました。一方で、この本は初心者でも、「なんだこの構文?」とならずに進めていくことができました。

コードを打ちながら丸暗記

また、地味にうれしかったのはVBAのコードを入力する際の「Visual Basic Editor」の使い方についての解説が詳しかったということです。プログラミング初心者はそもそもプログラミングコードを入力することができる環境を整えるための前段階ですでに躓いてしまうことが多く、自分もその例外ではありませんでした。この本を読んでやっと「Visual Basic Editor」の使い方がわかりました。この本の使い方は本に載っているサンプルコードをその構文の意味も含めて何度も読んで丸暗記しました。本当はコードを打ちながら覚えるのがいいと思いましたが、それは仕事の時間にいろいろこの本を参照しながら、打ち込むことで試していました。それ以外の電車の時間や家での時間はこの本を熟読してソースコードを覚えるようにしていました。

やさしくわかるExcelVBAプログラミング 第5版 (Excel徹底活用シリーズ)

新品価格
¥2,354から
(2016/4/12 07:13時点)

【オススメ記事】
➡︎【VBA上達事例⑪】明確な目標設定が継続のコツ!VBAを独学で習得
➡︎【VBA上達事例⑬】VBAで業務を効率化して会社のヒーローへ
➡︎ VBAの本・参考書の評判
➡︎ 習得必須!VBAを教われるスクールBEST5
➡︎ VBA入門講座①「VBAってどんな言語?」

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る