1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【TECH::CAMP(テックキャンプ)体験談】地方でもメンターの指導で2ヶ月でサイト開発ができた話

Pocket

地方にいる私でも、プログラミングを学ぶことができました。

プログラミングを始めようと思ったきっかけと、TECH::CAMPを選んだ理由

 私は元々ウェブ業界で働いていて、仕事がきっかけでHTMLやCSS、プログラミングに興味を持ちました。アイデアを形にできることが魅力だったのと、2020年にはプログラミング教育の必修が検討されている今、大きな強みになっていくと考えたからです。
 TECH::CAMPの一番の特徴は、ウェブ上に用意される自主学習形式のカリキュラムです。学生や社会人でも、私生活と両立しながらマイペースに進めることができます。

 また、メンターと呼ばれるスタッフがいて、分からないことは、AM11:00~PM11:00の間、直ぐに質問できます。独学と違って、すぐに疑問を解決できるからこそ1か月で基礎を学ぶことができます。
 質問の仕方も様々で、各教室で直接聞ける「キャンプスタイル」とスカイプや専用のチャットを利用した「オンラインスタイル」があります。その他、カリキュラムの進め方や卒業後の相談など、幅広くサポートをしてくれるのも心強い点です。

私が選んだのはWebアプリケーションコース

 私は、今後もウェブ業界に関わりたかったので「Webアプリケーションコース」を2ヶ月日程で受けました。プログラムを含める一般的なウェブページを制作するコースです。コース選択については、事前にチャットで相談もできるので、色々と聞いてみましょう。

 学習し始めた当初、ターミナルなどのプログラミングツールの操作すらできず、基本的な文法や単語を覚えるだけで、毎日いっぱいいっぱいでした。「本当にプログラミングをできるようになるんだろうか・・・?」と不安でしたが、2週間ほど経つと学習した文法の意味も分かりはじめ、3週間目で何度か同じ課題を繰り返し復習することで、理解度が上がり自信もついてきました。振り返ってみると、1ヶ月で基礎カリキュラムを終了させたことが力になったと思います。集中して基礎を固めていくことで、記憶に残りやすくなるからです。
 2ヶ月目は、オリジナルアプリケーション制作として、Twitterを活用した簡単なサイトの開発を始めました。
 結果的には、基礎やエラー時の対応、応用した機能を開発したい時の調べ方が身についたので、ある程度自力でプログミングできるようになりました。

初心者が効率的にプログラミングを勉強するコツ

 TECH::CAMPのカリキュラムを進める上でも大切なことですが、まずは挫けずに学習を進めることです。初めから全てを理解できる人はいません。最初は大まかに、次にわからなかった所、最後に完璧に、というように繰り返し理解していくことが重要です。

数学の公式を覚え、問題を解きながら理解していく感覚に似ています。数学と違って、プログラミングは動作を確認しながら進めるので、楽しみながら学習できると思います。実際に、何かアイデアを出してオリジナル制作をしてみると、なお良いです。プログラミングは、とにかくトライ&エラーを経験して、手を動かすことが大切です。

TECH::CAMPの公式サイトを見る

他にも体験談を読みたい方へ
【TECH::CAMP体験談】もしもプロアスリートがプログラミングを学んだら
【TECH::CAMP体験談】非ITの私が一ヶ月毎日8時間プログラミングを学んでみた

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る