1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【プログラミング学習法】QiitaやStudyplusを使って学習モチベーションを高める

Pocket

今回紹介するのは、「Qiita」や「studyplus」というオンラインサービスを利用して、継続的に学習記録をつけていく方法です。
学習習慣は、そのまま開発習慣へと受け継がれることが多いので、学習記録をつけることは、そのまま作業ログをつけることへと繋がっていくでしょう。
また、学習記録をつけることで、効率よく学習を進められるようになります。
それは最終的に学習モチベーションの維持にも繋がります。

Qiitaで勉強したことを公開してみる


Qiitaは、プログラマや開発者を対象とした情報共有サービスです。
こう書くと、一見垣根が高く見えますね。
しかし、学習記録をつけている人はたくさんいます。
試しに、Qiitaへアクセスして「学習記録」と検索してください。
多くの人が学習記録をQiitaでつけていることがわかると思います。

Qiitaで学習記録をつけるコツは「箇条書きで書くこと」

今回は学習記録を継続してつけることが目的ですので、最初に「学習記録用のアジェンダ(テンプレート)」を定めておくと良いかもしれませんね。

私の場合は
1. 学習の目的や成果
2. 何を書いたのか
3. 何が分からなかったのか(解決しなかったのか)

などを書くと最初に決めており、それぞれの項目に対し、ソースコードと箇条書きでまとめることが多いです。
学習記録を文章で綴ることはオススメしません。
箇条書きで書いてあったほうが一覧性が高く、振り返りに役立つからです。

Qiitaでは素直に書く方が得

「分からない箇所があった」と書いて一般に公開することに抵抗はありますか?
もし学習中に「分からない箇所」があった場合、素直に「分からなかった」と書くことをオススメします。
「分からなかったこと」を書いておくと、稀に親切な方がアドバイスしてくださることがあるからです。
また、「できなかったことができるようになった」という記録が残っていると、自分の成長が実感でき、モチベーションの維持に繋がります。

studyplusは「勉強管理SNS」


続いて紹介するのは、studyplusと呼ばれる、学習する人が集まる総合プラットフォームです。
こちらは、様々な学習コミュニティがありますが、その中にはもちろん、プログラミング学習者向けのコミュニティも存在しています。
Qiitaとは異なり、こちらは学習記録を管理するのに特化したサービスとなっておりますので、ソースコードを共有したりすることはできません。
しかし、「同じ参考書を使っている人」が分かったり、「同じ言語を勉強している人」と繋がったりし易いという特徴を持っています。
studyplusの詳細を見る

studyplusはスマホアプリを使って簡単に記録できる

studyplusはスマートフォンアプリで簡単に学習記録をつけることができます(PCからもご利用になれます)。
「学習時間」と「学習教材」を記録すると、グラフで「何をどれくらい勉強したのか」を表示してくれます。
このグラフは、何をどのくらい勉強したのかを詳細に表してくれるので、自分の学習計画を省みる時にとても役に立つでしょう。
また、自分が勉強した時間と量を振り返ることで、学習した実感と自信に繋がるでしょう。

studyplusで学習にメリハリをつける

プログラミングを勉強していると、1つの躓きで何時間も時間が取られてしまうことがあります。
実際の開発の際に、1つの不具合に長時間かかりきりになり、開発全体が遅れてしまう習慣に繋がってしまう…ということは、かなり起こり得ることです。
学習時から時間を意識したメリハリの有る開発スタイルを意識することで、学習効率もあがり、モチベーションも維持しやすくなるでしょう。
studyplusのスマートフォンアプリには学習時間を記録するストップウォッチ機能がついていますので、この機能を使いながら、学習時間を意識する習慣を身に着けてはいかがでしょうか。

studyplusの学習記録から、自分にあった参考書を探す

登録した「学習教材」は検索対象になっており、同じ学習教材を利用している学習記録が一般公開されている場合は、その学習記録を閲覧できるようになっています。
他の人が何をどの様に勉強したのかという情報は、参考書選びに役立つでしょう。

studyplusは一人で使っても良い

studyplusは総合学習SNSと呼ばれており、タイムラインも存在することから、誰かをフォローしたり、フォローされたりするのが良い様にも感じるかもしれません。
しかし、Qiitaと異なり、studyplusのユーザは、プログラマや開発者だけではなく、語学を勉強している人や受験生(中学生や高校生)もたくさんいらっしゃいます。
その為、無理に誰かと繋がることが、モチベーション維持に繋がらない場合があります。
一緒に勉強している友人がいるという理由などがない場合は、無理にコミュニティを作らず、勉強管理のためだけにこのサービスを利用するのがよいでしょう。

おすすめ記事
➡>a href=”http://programming-study.com/trouble/programming-efficiency/” target=”_blank”>1人でのプログラミング学習。効率を良くする5つの方法とは?
無料でプログラミングを学べる!初心者向け動画サイト7選

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る