1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【C言語上達事例⑧】妊娠中のたった4ヶ月で、スクールに通ってC言語を学んだ話

プログラミングを学ぶ女性
Pocket

都内大学出身で現在は神奈川県在住の20代女性がC言語を学んだ話です。

基本はスクールで学び、わからないところを本で補完

妊娠中に時間があったので以前から自分が関心のあったプログラミングとコンピュータの勉強がしたいと思い、この機会に東京のコンピュータスクールに通うことにしました。大きいお腹で週に4、5回スクールに通い、インストラクターの人にマンツーマンで教えてもらいました。言語は最初は入門でBASICをやりましたが、それからC言語(Objective-C)を習うことにしました。テキストはスクールのオリジナルテキストを使っていましたが、それだけだと分からないこともあったので、自分でも本屋さんでC言語の参考書を買って、時々読んで理解できるように努力していました。
➡︎ オススメのC言語が学べるスクールはこちら

インストラクターにつきっきりで教えてもらった

スクールではカリキュラムとテキストに沿って自分のペースで進めていくのですが、分からないことがあったらすぐにインストラクターに聞いて、マンツーマンで指導してもらうという風になっていました。インストラクターは若い人が多くて、まだ経験が少なくてC言語が教えられる人が1人しかいなかったので、その人にかなりつききりで教えてもらいました。そのインストラクターの人は教えるのがうまくて、説明が分かりやすかったので良かったです。それでもわからなくて理解が曖昧になってしまったところもあったのですが、コンピュータとプログラミングそのものは面白かったので続けていけました。

費用は20万円、4ヶ月に凝縮して学んだ

C言語のコースは学費が20万円ほどかかり、時間も長い人だと半年以上かかるのですが、私はなんとか出産前に終わらせたかったので頑張って通い、4ヶ月ぐらいでどうにかテキストの最後まで行かせることができました。とりあえず習得してもすぐに実戦に使えるというわけではないのですが、達成感はとてもありました。

丁寧なフォローで挫折を乗り越えた

途中でなかなか理解できないところやクリアーできない問題などがあって、時間がやたらとかかり落ち込んだこともあったのですが、インストラクターの人が根気よく教えてくれました。また、一度コンピュータをフリーズさせてしまったこともありましたが、それも丁寧にフォローしてもらいました。このように色々と挫折を乗り越えることができました。

外国語や数学に興味のある人は学習に向いている

プログラミングというのはコンピュータとの会話のようなもので、コンピュータに命令して何かをしてもらうための言葉を学ぶようなものという気がします。だから、外国語に興味がある人とか、言語に興味がある人だと、数学や物理などが苦手でもそれなりに習得が可能なので、チャレンジしてみるといいかと思います。

【オススメ記事】
➡︎【C言語上達事例⑦】C言語の学習サイトをみて実際にコードを書きながら勉強
➡︎【C言語上達事例⑨】30代女性プログラマー、C言語習得の鍵は「遊び」
➡︎ C言語の本・参考書の評判
➡︎【一生モノのスキル】C言語が身につく学習サイトまとめ

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る