1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【VBA上達事例⑨】VBAの資格も取得し、システム開発の仕事をするまでになった女性

パソコンを前に閃く女性社員
Pocket

東京都に住む20代後半の女性がVBAの勉強をした話です。

事務職としての派遣でVBAに興味を持ち始めた

私がVBAを知ったそもそものきっかけは、事務職の派遣社員としてとある会社の経理部に配属されたことでした。その部署ではExcel・Accessの機能に精通した人が多く、当時の私はピボットテーブルやクエリ等知らない機能について教わる事が多く、とても勉強になりました。そんな中、経理部の先輩がVBAで作ったコードを業務で使用させて頂く機会があり、複雑なデータの集計がボタンを押すだけであっという間に処理されているのを見て、ただただ感動したのを覚えています。

数ヶ月の作業を30分で終わらせた

私は無理にVBAまで覚える必要は無いとのことでしたが、大学は一応情報処理系でC言語等の基礎は習得した事もあり、先輩のコードを1行ずつ目で追いながら様々なメソッドをネットで検索して調べ、簡単なコードは組めるようになっていました。そして、ある時Excelで数万件のデータ処理を手入力しなければならない事があり、「数か月はかかると思うけれど手の空いている人から取り組んで欲しい」と上司から言われました。しかし、VBAで処理を試みたところ、コードを組む時間込みで30分ほどで作業が終わったのです。周りからはかつてないほど褒めて頂き、このときの経験は私の派遣人生の中で忘れられない出来事となりました。

VBAのスキルを磨くために資格の勉強をした

しかし、その後私は別の部署へ異動となり、上司も全く違うタイプの人になってしまいました。その上司は「VBAに興味は無いし、覚えるつもりもない」と私に言い放ち、私は紙媒体のデータをただひたすら手作業でこなす作業が増えていくのに疲れ、また折角覚えたVBAの技術を忘れてしまう事に焦りを感じていました。そんな中、派遣の求人情報を見ているとVBAの開発を中心に行う業務が数多く存在することに気付いたのです。事務職よりもお給料は良いし、自分なりのスキルを磨いていくにはこれしかない!と思った私は早速オデッセイコミュニケーションズから発行されている公式テキストを取り寄せ、資格取得のための勉強に取りかかりました。ちなみにテキストは1冊3000円程で、ベーシック・スタンダードの両資格を取る為テキスト代は6000円程でした。また資格受験のための費用も13000円程と高いので、みっちり3カ月勉強してベーシックの資格は飛ばしてスタンダードの資格に合格しました。

VBAを使った仕事に就くまでになった

今ではVBAを使用したシステム開発のお仕事を頂き、今でも勉強することは多いですが充実した日々です。プログラミングのお仕事は勉強することが多いですが、その一つ一つの経験が自分の武器になり、またこれからも色々な場面で必要とされていくと感じています。先は長いですが、自分なりに一歩一歩取り組んでいくことがプログラミング習得の秘訣だと思います。

【オススメ記事】
➡︎【VBA上達事例⑧】VBA資格取得を独学で。使った書籍3冊は?
➡︎【VBA上達事例⑩】VBA習得のコツは1つ1つ機能を実装していくこと
➡︎ VBAの本・参考書の評判
➡︎ 習得必須!VBAを教われるスクールBEST5
➡︎ VBA入門講座①「VBAってどんな言語?」

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る