1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【HTML上達事例④】より凝ったホームページを目指してHTMLを独学

深夜作業する男性
Pocket

都内企業にてクリエイティブディレクターとして勤務する40代男性のHTML習得の体験談です。

より凝ったデザインを作りたかった

私がHTMLを習得したいと思う様になったきっかけは、自分のホームページを自分でデザインしてみたいと思う様になったからです。それまでは、大手ポータルサイトのブログ作成サービスを使っていました。しかし、デザインに制限があることや広告が入ること、企業のホームページに比べてデザインが見劣りすることなどから自分で1から作ってみたくなりました。また、個人で趣味のサイトを持っている方の中には素晴らしいデザインのサイトを開設している方も多く、憧れから自分でも挑戦してみたくなってきたというのもあります。

本で概要を理解して、あとは実践した

HTMLは他のプログラミング言語とは違ってタグを使って書くスクリプト系の言語なので比較的習得のハードルは低い方だと思います。そこで、まずは市販の参考書を買ってきて勉強する事にしました。買ってきたのは、「よくわかるHTML5+CSS3の教科書」という参考書です。まずはこれをザッと読んで、HTMLの構造がどの様になっているのか、全体像を把握しました。全体像が大体頭の中に入ったら、どんなタグが使えるのかを覚えていきました。HTMLはコンパイラなど必要なく簡単なテキストエディタで書いてブラウザで読めばすぐにテスト出来ますから、分かりにくいタグはどんどんエディタで書いてブラウザで表示させて試しました。

よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第2版】

新品価格
¥3,024から
(2016/3/23 13:40時点)

➡︎ その他のHTMLの本のオススメはこちら

ネット上の学習教材でも十分

ある程度書ける様になってからは、自分の好みのサイトのソースを見ながら習得に務めました。これもHTMLの特徴ですが、ホームページは世の中に無数にあるので、学習材料に事欠きません。ほとんどの場合、ソースも見る事が出来るので自分のイメージに合った(自分が作ってみたいと思う)サイトを材料として、書き方を習得する様にしました。また、わからない事はGoogleで検索すれば、同じ様な悩みを持つ方が解決方法を紹介してくれている場合が多いので、大体の問題は解決出来ます。この、参考サイトとGoogleの活用による方法で、かなり知識量を増やす事が出来るのは、HTML習得の上での大きなポイントだと思います。
➡︎ HTML学習サイトのオススメ一覧はこちら

HTMLは初心者におすすめ

これからプログラミングを習得したいと考えていらっしゃる方にとっては、HTMLは比較的とっつきやすい言語だと思います。身近に題材がたくさんありますし、検索による問題解決方法もありますので、これらを参考にしながら自分なりの書き方を習得する様にして進めるとよいでしょう。

【オススメ記事】
➡︎【HTML上達事例③】HTML学習は初心者でも大丈夫、おすすめの書籍とは?
➡︎【HTML上達事例⑤】無料テンプレートを活用して実践しながらHTMLを勉強
➡︎ プログラミング入門講座①「HTMLとは〜概要と基本構造〜」
➡︎ 初心者におすすめ!HTMLを勉強できるスクール17選

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る