1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA上達事例③】文系出身者がデータ処理の効率化のためにVBAを活用

パソコン画面を見て悩む女性
Pocket

20代半ばの文系出身の女性がデータ処理を効率的にするためにVBAを使った学習記です。

データ管理を任され、作業の効率化を目指した

私はもともと文系学部の出身で、プログラミングの経験が全くありませんでした。大学を卒業して、製造関係の企業に就職したのですが、そこで色々なデータを処理する担当になりました。最初は上司から教えられた通り、粛々とデータの処理を行っていたのですが、もう少し効率よく処理をできないかと悩むようになりました。

効率化によって余った時間を勉強に充てた

データの処理にはOfficeのエクセルを使っていました。そのため、表計算の関数などについて詳しく勉強するようになりました。関数を理解することによって、エクセルの使い方が上手くなり、ある程度処理のスピードを上げることに成功しました。この成功により、いくらか時間に余裕ができたので、その時間を使って、さらに処理を早く効率化できないかと考えるようになりました。

マクロを知ってさらにやる気に

そこでインターネットなどで調べたところ、エクセルにはマクロという機能があり、さらにVBAというプログラミング言語を使うことによって、自分でマクロを自由に作成できるということを知りました。マクロと言うのは、エクセルの作業を自動化するものです。このマクロを自分で自由に作成できるとなれば、データ処理において飛躍的な速度向上を実現できると考えました。

役割別に3冊の書籍を買った

それで勉強をしたいことを上司に相談して、VBAのプログラミング言語学習のための書籍を購入しました。購入したのは3冊で、基礎的な書籍、応用テクニックの載っている書籍、そしてフォームの作成に特化した書籍を買いました。フォームと言うのは、いわゆるGUIのことです。フォームを上手く使いこなすことによって、まるでエクセルとは思えないようなGUIを持ったツールを作成することができるようになりました。3時間かかっていたようなデータ処理が、そのツールを使うことで数秒でできるようになりました。VBAはプログラミング言語としては、VBを基礎にしているため、それほど難解なものではありません。マスターすれば、エクセルの処理を自動化できるだけでなく、VBで作るよなツールと同等のもの作れるようになります。

未経験者でも始めやすい壁の少ない言語

文系出身でプログラミングの経験のない私でもすんなりと習得することができました。高度なプログラミング言語を学びたいと考えている理系出身者であっても、プログラミングの経験がないのでしたら、まずはVBAでプログラミング言語の基礎的なことを学ぶのが良いと思います。特別なコンパイラやインタプリタなどの開発環境を用意しなくても、エクセルに付属のVBエディタで作成することができるので費用の面でも入門者には優しいと思います。

【オススメ記事】
➡︎【VBA上達事例②】VBAは学ぶのが簡単で仕事の効率が上がるコスパの良いスキル
➡︎【VBA上達事例④】病院の経理業務の効率化のためにVBAを学んだ
➡︎ VBAの本・参考書の評判
➡︎ 習得必須!VBAを教われるスクールBEST5
➡︎ VBA入門講座①「VBAってどんな言語?」

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る