1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

書籍とWebサイトを使ってCSSを独学で身につけた話

Macでタイピングする女性
Pocket

20代の女性の方が、CSSを本やサイトを見ながら習得した体験談です。

自分のサイトのデザインを整えるためにCSSを独学で

大学の授業でWebサイトの作成方法を学んだ後、デザイン面などでさらに理解を深めたいと思い、CSSの学習を始めました。大学では、個人用のWebサイトを設置することができたので、独学でCSSを学習し、自分のWebサイトを運営しました。また、アルバイトでWebアプリケーション開発を行う機会があり、その実務を通してCSSを習得していきました。

Webサイトの見栄えが良くするのがCSS役割

CSSとはカスケーディング・スタイル・シートの略で、文書の見栄えに関する情報(字体や文字の大きさ、色、行間の幅、修飾など)を表現する言語です。HTMLでは見出しや表といった文書の構造が表現されるのに対し、その構造をどのような装飾で表示するのがCSSです。これらをセットで用いることで現代的なWebサイトが表現できるようになります。

CSSは必要に応じて調べながら勉強するのが良い

無料のWebサイトを参照して習得しました。実現したい機能があったときに、リファレンスを参照して、覚えていきました。他のプログラミング言語などと違いCSSは覚えやすいので、体系立てて覚えるというより必要に応じて調べた方が効率が良いと思います。例えば、「HTMLクイックリファレンス」などを使用しています。CSSは、ブラウザの発展に伴い、仕様の変更がたびたびあるので、最新の情報を入手することが必要です。初めてCSSを学び始めてから時間がたちますが、いまだにCSSについては新たに学ぶことがあります。

デザイン自体に関する知識は本でつけた

CSSはデザインを実現する方法ですが、そもそもどのようなデザインを作りたいかというアイデアは、素人にはなかなか思いつかないものです。そのような場合に、とても役にたったのが、「ノンデザイナーズ・デザインブック(Robin Williams (著), 吉川 典秀 (翻訳))」という本です。あらゆるデザイン・レイアウトについて、非デザイナーであっても必ず守るべきデザインの原則を説明してくれます。また、色彩検定という資格試験を受験し、色の組み合わせの基本を学びました。美しく見える色の組み合わせには法則があり、それを理解することは、Webデザインにも活用できました。このようにデザインについての知識を深めるに伴い、CSSでどう実現するかという理解も深まっていきました。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

中古価格
¥1,780から
(2016/3/23 13:59時点)

➡︎ オススメのHTMLの本はこちら
➡︎ オススメのCSSの本はこちら

CSSで綺麗なデザインを実現する

CSSはWebアプリケーションには必須のデザイン要素を実現します。美しいデザインを自分の手で実現できたときの喜びはとても大きいと思います。進歩も激しく、その習得には終わりがありませんが、覚えて損はないと思います。

【オススメ記事】
➡︎【上達事例】全くの初心者の状態からスクールでHTMLとCSSを勉強
➡︎【上達事例】HTMLとCSSを動画学習サイトで習得した体験談
➡︎ コーダー志望者必見!CSSのスクールBEST17
➡︎ マークアップエンジニアがオススメするCSS学習サイト

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る