1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【C言語上達事例①】未経験からプログラマー転職を目指して独学でC言語を習得

タイピングをするOL
Pocket

大阪府在住の30代前半の女性の方が、プログラマーへの転職を志してプログラミングを勉強した話です。

プログラマー転身を目指して勉強を始める

私がプログラミングの学習を始めたきっかけですが、転職でプログラマーを目指そうと考えたからです。今は転職先がほとんどないと言われていますが、プログラミングスキルなどがあれば、未経験からでもエンジニアを目指すことが可能です。ですので、プログラミングの技術を身に着けることによって、正社員としてプログラマーで働くことができると考え、独学で技術を身に着けることにしました。元々パソコンをいじるのは好きですし、何かに熱中して取り組むのは苦ではないので、興味のあった分野でした。

全ての根幹となるC言語を書籍で学習

習得したのはC言語です。C言語はすべてのプログラムの基礎となりますし、これが理解できると他の言語も理解しやすい、とされていますので、C言語を習得することに決めました。どのように習得したのかというと、まずは最初に専門の書籍などを数冊買いこみ、そしてコツコツと勉強するようにしました。

内容の充実よりもわかりやすさで教材選び

購入した書籍は、「C言語改訂版1 はじめてのプログラミング」という書籍です。なぜこちらの書籍を選んだのかと言いますと、内容が非常にわかりやすかったからです。なんでも載っているような分厚い本は初心者にはおすすめできません。最初は薄くてもよいので、「これなら理解できる」と思える本を選びましょう。また、CDROMなどがついているのがポイントが高かったです。自宅で実際にプログラミングを行うことができますので、便利だと思い購入しました。実際、こちらのCDROMがついているので、コツコツと実践をすることが出来て、とても役立ちました。

プログラミング学習シリーズ C言語改訂版 1 はじめてのCプログラミング

中古価格
¥1,206から
(2016/3/23 14:46時点)

➡︎ オススメのC言語の本はこちら

苦労するが、独学でも身につけられる

最初に書籍を購入してから、結構な時間がかかりましたが、完全に習得することが出来たのは半年~一年ぐらいだと思います。初めは、こうしたプログラミングなどを全くしたことがなかったので、とても難しく感じました。また、分からないことがあったりしてもなかなか聞く人がいないので、挫折をしそうになったことも何度もあります。しかし、こうしたスキルを身に着けることは将来的に役に立つと思いましたので、そのたびに何度も考え直し、頑張って習得するように努めました本にしたがって、練習をしていけば習得できるようになってしまうので、自分のペースで進めていきました。

プログラミング初心者へのアドバイスですが、まずはプログラミングは独学でも習得することが可能です。ですので、スクールなどに通おうと考えている人は、一度独学でも勉強してみることをお勧めします。しかし、独学でも習得できる自信がない、と言う方だったり、挫折してしまわないか不安がある場合は、スクールに通う方が無難かもしれません。自分に合った方法を選ぶべきだと思います。

【オススメ記事】
➡︎【C言語上達事例②】C言語を1ヶ月で習得した人がオススメする書籍とは?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る