1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

【js上達事例⑤】フリーランスの女性が独学でJavaScriptを習得した話

スーツでパソコンをいじる女性
Pocket

東京都在住のフリーランスの女性がJavaScriptを学んだ話です。

動的サイトを作るためにJavaScriptを選択

自分のホームページをHTMLとCSSを勉強しながら作っていたのですが、他のWebサイトみたいにもっと派手なエフェクトをつけられるようになりたいと思っていました。そこで、いろいろ調べたところ、JavaScriptなら、HTMLやCSSではできない複雑な処理もできると知り、JavaScriptの学習を決意しました。

書籍とWebサイトを利用した

学習の際は、「Ajaxライブラリ徹底活用 JavaScript Webプログラミング」という書籍を使いました。その書籍に決めた理由は書店でざっとJavascript関連の書籍をチェックしてみて、もっとも実践的な内容という印象を持ったためです。ただ、正直言って、内容は難しかったです。JavaScriptはHTMLやCSSとは根本的に別物だということを学習するほどに思い知らされました。書籍の内容もJavaScriptの初歩的説明は簡易に済ませていて、理解しづらかったので、途中で「@IT」というWebサイトの「初心者のためのJavaScript入門」という記事も学習に利用しました。

Ajaxライブラリ徹底活用JavaScriptWebプログラミング

中古価格
¥200から
(2016/3/22 15:56時点)

→その他のJavascriptの本の評判はこちら

ブラウザによる表示の違いに苦しんだ

学習していて一番つまづいたのは、ブラウザごとにJavaScriptの実行のされ方が違って、ブラウザの違いを吸収するようにプログラムを書かなければいけないという部分でした。似たようなコードをいくつも書かねばならず、学習が苦痛に感じるときもありました。そこで私がとった対策は、自分が使っているブラウザで実行できればそれでよい、と開き直るというものでした。おかげで、コードが短く分かりやすくなるようになり、さくさく学習が進むようになりました。

趣味だからと割り切って学習を進めた

本当にそんなやり方でいいのだろうかと悩む気持ちもありましたが、書籍を読み進めていくと、JavaScriptには便利なライブラリが多く、様々なブラウザの違いを吸収してくれるライブラリ(JQueryなど)もあるということが分かりました。将来、ライブラリを作る側になったり、プログラマーになったりするつもりなら、ブラウザごとの細かな違いも把握しておかなければいけないのでしょうが、趣味として学習するなら、あまりこだわる必要は無いと感じました。

3ヶ月間、総計50時間使って習得

結局、JavaScriptを使って、JQueryなどのライブラリを使い、自分のホームページにアニメーション効果をつけたりできるようになるまでには、3ヶ月ぐらいかかりました。総勉強時間は50時間程度だったと思います。とにかくプログラムが動けばいいという方針をとったので、効率的に学習を進められたと思います。費用も書籍代の2000円程度で済みました。

【オススメ記事】
➡︎【javascript上達事例④】JavaScript学習の挫折から気づいた勉強のコツ
➡︎【javascript上達事例⑥】無料の学習サイトを使い網羅的にJavaScriptを習得

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る